ホーム > ブログ

2017/03/15

立教小学校受験をする方へ 2016年秋の入試の聞き取り

試験1日目

 

父兄の待つ時間約110分

① 一列6人で10列あった
⓶ 両親が子供にゼッケンをつける
⓷ 6年生が迎えに来て一列ずつ移動していく

 

「ガリバーの話」
20人でお部屋で一斉にお話を聞く。そのあと、2人ずつ、パーテーションで仕切られた
教室に移動して質問される。
・お話の順番を聞かれ、カードで並べる
・お話の内容を聞かれる

 

「山登りの話」
ぞう、ヤギ、ハリネズミが山登りする話
・3人ずつで質問される
・ヤギは何が嫌いでしたか・・・山登り

「最後にDVDを見る」
待ち時間の調整のため、採点には関係ないようだ

 

試験2日目

両親の待ち時間約100分

 

個別
3人ずつで行われる。一つの教室で、パーテーションで仕切られている

 

・じゃんけんゲーム
たぬきさんときつねさんがじゃんけんをします
チョキで2つ進み、グーで1つ進み、パーは5つ進みます。

 

プリントにたぬきさんときつねさんが書いてある
下にジャンケンの様子が書いてある。それを見ながら、自分でコマを進めていく

 

・鏡図形
碁盤に黒白のおはじきが置いてあり、それが鏡に映るとどうなるかを紙に描く

ブロックが積んであり、これが鏡に映るとどのようになるかを紙に描く

ーー最後に先生が答えを教えてくれたーー

 

「行動観察」
・歌・・・「アイアイ」
4人で1組、5組で体育館で行われた
・模倣体操 曲はわからず
1回目 DVDで映された先生と同じように踊る
2回目 子供達だけで踊る

 

・運動
4人ずつ走る

 

「立教小学校の考え方」

 

・受験のための準備は家庭を主体と考える
・普通の年齢相応の経験や、当然の知識、常識、マナー、しつけをもとに
家庭で触れ合う中で、培われたものが大切である
・やらされていると感じないて物事に取り組めるようにする
自分で目標を持って努力する向上心がないと中学に入ってから苦労する
小学校のうちに自分で工夫する力、頑張る力を育てる
・子育てにも工夫が必要である
核家族が増え、少子化になり、過干渉のおかあさまがふえたこともあり、子供が1人で
状況判断する機会が減った。取り巻く環境が変わったら、それを受け入れて、子育てを
工夫することが必要である。
・きちんと子育てをしているご家庭の子供が欲しい。
家庭教育なくして、学校教育はありえない。それぞれのご家庭の信念を持って
子育てをしているご家庭の子供が欲しい。
・面接は直感的なものを重視する。両親面接で校長、教頭、事務長の3人で行う。
・合否は原則として、子供の成績で決まる。同点の時は、保護者の評価も影響する。
・ペーパーテストがないので、集団行動や制作、あるいは、教師との一問一答を通じて
その子の資質や能力を推し量るだけでなく、後ろにあるご家庭を見たい。
質問に対して、自分で考え、自分の言葉で説明するような質問にきちんと表現
できるかを見たい。
・試験に立ち会い、採点する教師は、教える立場からの視点で評価する。
伸びそうな子、磨けば光りそうだ、教えやすいなど。
・説明会、催し物にに何度も参加して、準備をしてこの学校しかないと思うご家庭を
望んでいる。

 

さぁ、学校のお考え方がお分かりになりましたか?立教小学校だけではなく、どちらの
学校でも同じ思いであると思います。改めて、学校の研究をしてください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/03/09

小学校受験で合格する子とは?

 

私語をせず、みだりに騒がず、教員「おとな」には敬意を払い、時間を守り、忘れ物をせず、

言われたルールを守ろうとする子です。

 

つまり

 

当たり前のしつけがきちんと出来ていて落ち着いた態度の取れる子どもです。

 

ご両親が、ご家庭の教育理念の中で、しつけをして、子どもとしっかり関わり、様々な文化に

触れさせ、身近なところでも経験を多くさせることで、何が面白い、何が楽しいかを繰り返し、

伝えてください。そのうちに、子ども自身が面白さを知り、気づき、自分から

楽しみを得ようとしてきます。小学校受験は、学校に入学してからスムーズに学校生活が

送れる子どもという観点で選んでいると思いますが、それに加えて、

 

子どもらしい素直さ、教えたら素直に取り入れていける純粋さや生き生きとした子どもらしい発想力を

求められていると言っても過言ではありません。

 

ご両親と接したり、他のお子さまとか変わることなどいろいろな経験の中で、社会にはルールがあり、

お互いに譲り合って成り立っていることをご両親が、お手本になって生活することでお子さまは

少しずつ理解できると思います。

 

小学校受験で合格できる子どもを目指して、リトルバード幼児教室で一緒に頑張りましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/03/03

小学校受験における母親講座

 

例外はありますが、学校によってはご両親の面接の占める割合が約5割という小学校受験の

現状があります。

ところが、まだまだ、子供だけが良い成績ならば、合格をすると思っているご両親が、

案外多くいらっしゃいます。

 

特に、いつもお子さまと一緒にいらっしゃるお母様に多く見かけられます。

多くのお母さまは合格するために子供の成績を上げるためには一生懸命ですが、自分自身を

見直す必要があることに気がついていないのです。お母さまの様子で、ご家庭での子供との

接し方、しつけの様子、これから始まる学校への協力の様子などが分かるようです。

 

子供がどんなに頑張っても、ご両親が、一緒に頑張らないと合格はいただけないことは、

よくあるのです。残念な結果にならないためには、ご両親、特にお母さまに母親としての

お勉強をしていただくために、日頃より、説明会や、面談、母親講座を行っています。

 

その結果、ご両親、お母さまを通して、ご家庭と教室で協力し合い、素晴らしい合格率に

つながっているのです。

賢いお母さま方が、お子さまに負けずに謙虚に教室のアドバイスに耳を傾け、学校を

研究して、勉強をしてくださる時、そのお子さまは、合格しています。

 

特に両親面接で、学校がどんなご両親が見極めています。

学校が特に見ているのは、ご両親がどんな考え方をしているのか、日頃からどんな日常を

送られているのか、そのお考えをもとにどのようにお子さんと接しているかなどを通して

一緒に学校と同じ方向を見て、学校と一緒に歩いていけるご家庭を求めています。

 

入学するためだけの学校の研究ではなく、その学校の保護者としての自覚を持つために

どのような学校なのか研究して欲しいと思います。

 

入試説明会は一年で、3回、今家庭でしなければならないこと、日頃から出来ることなど、

それぞれの学年のお話をしています。その他に、個人面談を随時行っています。

今年は特に、母親講座を充実して、お母さま方の相談に乗ったり、どの様な学校なのかなど

アドバイスをしっかりできる機会を増やしていきたいと思っています。

 

日常的な質問、また進路相談などなんでもご相談ください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/02/17

かしこい家庭学習の進め方

今年受験の年長児のお子さまをお持ちのご家庭へのアドバイス

 

受験に向けて、2月も半ばを過ぎあと、8ヶ月と少しと言う時期に

なりました。もう、8ヶ月しかない、また、あと8ヶ月あると思うかは

ご両親次第ですが、小学校受験は中学や大学受験に比べて、なぜこの子が

と思うことが多いことがよくあります。私自身の子供が受験の時も

ありましたが、周りでは、よくきっとコネなのねと言っている方も

いらっしゃいました。確かにまだ、コネのまかり通る学校もあります。

でも、今は声を大にして言えます。言葉が悪いのですが、所詮、子供の

受験です。気持ちの持って行き方で、モチベーションをあげることで、

受験日に最高のお子さまの力が出せるようにしていく事が、小学校受験に

合格をして勝ち抜く事なのです。

 

日にちがないと焦らず、あと8ヶ月あると思う事がお子さまにも伝わり、

良い結果となって現れるのです。

 

ガンガンと進めてるご家庭も、いい状態が入試本番まで続くかというと

そうはいきません。

必ず、「やりたくない」と言う時期がきます。それがいつ来るか、一番困るのが

10月頃に来る事です。集中力がなくなり、今まで出来ていたものができなくなって

しまう事もよくあります。

原因の一つは夏休みの頑張りの疲れだったり、9月からの総まとめの時です。

総復習に入ってから上手に持っていかないと、もう知ってると興味が湧いて

こないのです。

 

これから気をつけていただきたいこと

 

① 興味を持続させるために、生活を勉強一本にしないで遊びを十分にさせること

② 基礎をきちんとせずに本番に近いペーパーばかりをするなど、ペーパーを

早いうちから使いすぎないこと

難問ばかりが良い問題ではないのです。わからなくなったら、必ず基楚に

戻りましょう。

➂ もっとやりたい、というところで止めにしておくこと

やらせ過ぎているとなかなかこの言葉は出てこないのですが、調子がよくても、

余計にやらせず、調子が悪くても、1日にやる量を決めてやる習慣をつけて

おきましょう。体調の悪い時は、焦らずに、やめておくことです。

 

 

これからの学習計画の立て方は次回お話しします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/02/13

無料小学校受験入試説明会、分析会、合格者座談会 2016年秋実施

 

2月26日.日曜日にリトルバード幼児教室は2017年の1回目の入試説明会を行います。

 

詳細はピックアップに載せていますので、ご都合の良い方は、ぜひお申し込みください。

どなたでも無料です。学年は問いません。同日に合格者の方の座談会を

行います。お仕事をお持ちのお母様が、どのようにして取り組んできたか、

また、不安をどのように乗り切ってきたか、お話ししていただける良いチャンスです。

大きな講堂をお借りしましたので、他のご兄弟がいらしても参加できます。ご興味のある

お友達がいらしたら、ぜひお誘いください。ただし、いらっしゃらないのに

お友達の分の資料はだめですよ。

もし、小さなお子さまが泣き出したり皆さんにご迷惑になるようになりましたら、

部屋を出るなり、ご配慮をお願いいたします。

大きなご兄弟は後ろの方で、本を読むこともできます。

 

2016年の小学校受験を終え、皆様からの聞き取り調査を行いました。

 

その年により、よく覚えていて、話を聞き取れることもあれば、今年は

お話しできるお子さまが少なくて、聞けないかもしれないと心配な年もあります。

そんな時は、いろいろな会に参加して、少しでも正確な情報を皆さんに

お伝えできるように、今、教師たちがまとめています。

リトルバード幼児教室は教師4人の教室ですが、みなさまに正確な情報をお伝えして、

次の年に対策が立てられるように頑張っています。

各学校も、欲しいお子さまは一緒ですが、どんな方法で探したら良いかと

工夫をしています。教室では一人ひとりにきちんと向き合えるように、お子さまの良いところを

見つけて伸ばし、ご両親のどのような環境の中で育てていきたいかの思いを大切にして

ご家庭と一緒に受験を乗り切っていきたいと思います。

 

当日は、今、ご家庭でもできること、やったほうが良いこともお話しさせていただきます。

今はプリントだけをしていれば良い時期ではないのです。なぜなのか、

詳しくは2月26日にお伝えします。お楽しみに。

主だった学校の試験の資料もお渡しします。かなりたくさんありますよ。

国立の小学校の情報もご用意しています。

 

教室まで参加人数をご連絡ください。前日までのお申し込みは可能です。

資料のご用意のためです。年長さんは当日は教室で発達、判定テストと今月4回目の

授業をしていますので、説明会の時間はお預かりできます。詳しくは教室まで

ご連絡ください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室、
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

PAGETOP

  • 03-3237-7025(受付時間:10時〜19時)
  • メールでのお問い合わせ