日本女子大学附属豊明小学校コース

  1. ホーム
  2. 学校別コース
  3. 日本女子大学附属豊明小学校コース

日本女子大学附属豊明小学校コース

女子

ペーパー・集団の行動観察や、面接を含め、そして、制作、生活巧緻性などバランスよく出題され、総合で合否の決まる人気校です。
女子だけの落ち着いた環境の中で、しっかり合格に必要な実力をつけていけるコースです。

日本女子大学附属豊明小学校コース
その他受講可能クラス

日本女子大学附属豊明小学校コース 金曜日コース(120分)

4月開講
※お仕事をしているお母様のための日曜日女子校クラスを設けています。(振替可能)

【日本女子大学附属豊明小学校コースの特徴】

日本女子大学附属豊明小学校コースの特徴

ペーパー・集団の行動観察や、面接を含め、そして、運筆や色塗りなどをはじめ最近は制作の中に創造性をみられるもの、生活巧緻性などバランスよく出題され、総合で合否の決まる人気校です。


日本女子大学附属豊明小学校コースの特徴
しっかりお話を聞いて理解し、取り組む習慣を作ります
日本女子大学附属豊明小学校コースの特徴

日常の中で、話している相手の顔を見て、しっかりお話を聞くことが理解する力につながります。
聞く力、考える力、話す力など基本的な力をつけ、繰り返し時間をかけ、何よりも自信を持つことが、興味をもって成し遂げる意欲につながります。


日本女子大学附属豊明小学校コース
基本から応用へ、段階を踏みながら、具体物を使って着実に、各分野を進めていきます。

各学校の特徴、毎年変わる傾向に合わせながら、各分野をまんべんなく進めていきますので、らせん階段を上がるように、無理なく知らず知らずのうちにレベルアップをして、試験当日にベストの状態になるようカリキュラムを組んでいきます。

日本女子大学附属豊明小学校コース
生活習慣を大切にして、ご挨拶や言葉遣いに注意して、お友達と仲良く関われるように、女子校向けの行動観察に力を入れています

お友達との相談では、自分の意見をしっかり伝え、お友達の意見を聞いてあげること、そして、自己中心的になるのではなく、譲る体験の場を増やしていきます。
共同制作・集団ゲームでは、「こんな時どうしたらいい?」と対処の仕方を問いかけていきます。
道具のある中での自由遊びや最近のお片付けは、楽しい中でもきちんと最後まで取り組む習慣をつけましょう。

日本女子大学附属豊明小学校コース
巧緻性・絵画、生活巧緻・言語・発表・運動などの総合的な力を育てます。

日常生活のなかで、「感じたこと」を絵で表現したり、言葉でも上手に表現する力を身につけていきます。
形を使っての絵の描き足しなどでは、創造力や普段からの観察力が問われます。
塗り絵や折り紙、輪つなぎなど、手先の巧緻性を高め、配膳、スモックの着脱、包む、切る、貼る、などを通して、個人の作業性、共同による作業性の中で、約束への意識を高めていきます。
総合力を養うため、時間をかけ繰り返し、細かい指示をしっかり聞ける習慣の中で、確実な力を付けていきます。

日本女子大学附属豊明小学校直前コース 金曜日コース(180分)・日曜日 女子校コース(180分)

9月開講

8月までの日本女子大学附属豊明小学校コースから3時間コースとなります

日本女子大学附属豊明小学校直前コース 日本女子大学附属豊明小学校コースの特徴

各学校の過去問や予想問題を含め、傾向と対策を更に強化していきます。
これらの女子校はペーパーだけできれば良いのではありません。
ペーパー以外の取り組む姿勢や待つ態度や答え方など明るく落ち着いて行動できるようにしていきます。
そして、第一希望の受験者の中で、落ち着いて本来の自分を出せるように意識させていきます。


日本女子大学附属豊明小学校向け 個別レッスン

随時受付

チケット制です。

日時は随時ご相談下さい。予約制です。

日本女子大学附属豊明小学校向け 個別レッスン
一人ひとりのお子さんに合わせえたカスタムメードのカリキュラム
  • 一人ひとりのお子さんのつまずきのポイントや目標・達成までの期間を考慮し、その都度個別カリキュラムを作成し、徹底した傾向と対策で、定着を図り自信につなげます。
  • プリント・絵画・言語・発表・その他内容はご相談ください。
  • 終了後、学校選択等を含め、受験相談はいつでもできます。

日本女子大学附属豊明小学校入試対策 合格の秘訣

1、教育目標

やさしく、ゆたかに、うつくしく 未来へつながる伝統の女子教育
教育の三網領
  • 日本女子大学附属豊明小学校入試対策 合格の秘訣 信念徹底 一生懸命 がんばる子
  • 日本女子大学附属豊明小学校入試対策 合格の秘訣 自発創生 自分から進んで行動する子
  • 日本女子大学附属豊明小学校入試対策 合格の秘訣 共同奉仕 みんなと力を合わせて協力する子

2、日本女子大学附属豊明小学校に合格するための具体的な対策

時間は約2時間で、11月1日の朝から午後にかけて、月齢の年少者から始まり、ペーパー、行動観察、口頭試問が実施されます。

ペーパーテスト

以前の言語・数・形の構成などの基本分野から、四方観察などを含む推理・思考の範囲まで広がりました。
基本分野を含め6枚程度の出題ですが、毎年、出題分野が広がっている傾向があります。
よく出る、なぞる運筆や濃淡をつける色塗りはもちろんのこと、各分野、十分なプリント対策が必要です。

集団テスト

ごっこ遊びや遊具使用の集団遊び、プラスチックのコップ積み競争など、楽しい内容になっています。
その他に、おままごと、スーパーボールすくい、ボーリング、ドミノなど、上手に並んで好きな遊びをします。
指示された約束を守り、仲良く遊べることが大切です。

制作・巧緻性

課題をカーペットや座布団の上で正座して丸テーブルの上で行う作業もありました。
野菜や果物を描く課題画・パターンブロック・積み木・輪つなぎ・ケーキ作り・グループによるパズルの構成もあります。
最近はビーズを塗り箸で移したり、ビーズのネックレス作りなどの手先の作業もあります。
お箸の持ち方にも注意して、正座してしばらくの間、姿勢を正しく作業できるように、ご自宅でも練習してみましょう。

運動

最近はあまり出題されていませんが、入学後の体力作りのために、リズムに合わせての行進、スキップ、ケンケン、ケンパなどの基本動作は必要です。

親子面接

ご両親とお子様が作るご家庭の雰囲気を見られます.ご家庭と学校が同じ方向を向いて在学する6年間、学校を信頼して預けてくださる関係を築けるかを見られます。
願書が比較的志望理由をかくところが少ないため、しっかりと完結に思いを伝える必要があります。
お母様が働いている時は、いざという時きちんと駆けつけられる体制を作って欲しいとのお話です。

学校が望んでいる家族像

①お互いが協力し合っている家族
②過不足なく愛情を注いでいる家族
③基礎単位として社会的役割を果たしている家族
④学校に協力的である家族

暁星コースの特徴
ご家庭でできること
  • ペーパーについては、過去問を確認しながら基礎を確実にしておく必要があります。
    基本的な内容ですが、指示の出し方で理解できない場合があるかもしれません。練習問題をやってから取り組む問題もあるので、落ちついて指示を聞いてケアレスミスのないようにしましょう。
  • 制作では、切る、折る、貼るの基本的な作業が多く、ていねいさと作業力、集中力を見られます。
    個人の制作から共同制作に発展させる課題も出ています。ご家庭でも、楽しみながら課題を決めて、作り上げる経験を増やしましょう。
  • 行動観察では、お友達との活動の中で、「今、自分が何をしたらよいか」の判断力とお友達と接する言語や立ち振る舞いも大切です。自由遊びにおいては、自由に遊んで良いとは言え、普段の様子が出やすいものです。危険なことをせず、羽目をはずさない自律心が育っていることも大事な点になるでしょう。
  • 5歳、6歳児としての基本的な運動にも楽しく取り組み、新しい運動に対応できるように、準備しておいてください。そして、ご家庭で音楽に合わせて一緒に踊るなど、模倣体操やリズム感を養うために、日頃から、恥ずかしがらない環境を作る経験を重ねておいてください。

何が何でも、日本女子大学附属豊明小学校に合格したいとお考えの方は、是非、ご連絡ください

【日本女子大学附属豊明小学校の受験をお考えの保護者の方へ】

教室では、日常生活の中の年齢に応じた当たり前のことができる力をしっかりと身に付けるところから始まります。

  • お友だちと仲良くすること
    → 自分の意見を相手に伝え、お友立ちのお話も聞くことができるようにします
  • 物を大切にすること
    → 使ったものを仲良く片づけましょう
  • お話を静かに聞くこと
    → 先生のお話に静かに耳を傾ける姿勢を作ります
  • 楽しく遊ぶ
    → しっかりけじめをつけましょう
  • 我慢すること
    → 自分本位でなく譲ることも大切です
  • 自分のことは自分ですること
    → 自分のできることに挑戦しましょう

教室ではお子さまが理解しやすい教材で、基本的な力を付けながら興味を持って成し遂げる意欲を育てていきます。
女子だけの穏やかな環境の中で、ひとつずつ確認しながらご家庭と一諸に輝きのあるお子さまを育てていきたいと思います。