立教女学院小学校コース

  1. ホーム
  2. 学校別コース
  3. 立教女学院小学校コース

立教女学院小学校コース

女子

女子校のカトリックの学校のなかで、女子難関校といわれる学校を目指すため、しっかりとした実力が身につく人気の高いコースです。
女子難関校受験にまんべんなく応じられる授業内容です。

立教女学院小学校コース
その他受講可能クラス

立教女学院小学校コース 金曜日コース(120分) 日曜日コース(120分)

4月開講
※お仕事をしているお母様のための日曜日クラスを設けています(振り替え可能)

【立教女学院小学校コースの特徴】

立教女学院小学校コースの特徴

女子校のカトリックの学校のなかで、女子難関校といわれる学校を目指すため、しっかりとした実力が身につく人気の高いコースです。
女子難関校受験にまんべんなく応じられる授業内容です。


立教女学院小学校コースの特徴
考える難問に対処できるペーパー対策がしっかりしています。
立教女学院小学校コースの特徴

しっかりと分析された上質の問題内容で、プリントの絶対量が他のお教室に比べ多いのが特徴です。
段階を踏みながら確実に解答力を伸ばしていくので、初めから、難問ばかりをやる授業内容ではありません。
(基礎をしっかり理解させていきます。)
毎年の出題傾向を研究し、どうしたらお子様が理解できるのか、一人ひとりに合わせたアドバイスをして行います。
毎回、授業の中では、約30枚のプリントを用意しています。
スピードを意識して、理解、取り組む集中力をつけさせます。
(宿題約20枚~30枚)


立教女学院小学校コース
話を聞き取る力、作業に集中して取り組む習慣をつけます。

ペーパーの内容でも、指示を聞くことからはじまります。
また、繰り返し行う作業にも根気よく取組み、成し遂げる経験を多く、させていきます。

立教女学院小学校コース
躾をはじめ、言葉遣いに注意して仲良く明るくお友達と関われるよう女子校向けの行動観察に力を入れています。

ごっこ遊びや課題遊びの中で、お友達と協力し合いながら、課題をこなしていきます。
お友達とどのような関わり方ができるかが大切です。
できなかった場面では、「どうしたら良かったと思う?」とお子さまに問いかけながら経験させていきます。

立教女学院小学校コース
生活習慣の確認や生活巧緻の課題にしっかり取り組みます。

ビーズ通し、ひも結び、チェーンリングつなぎ、輪つなぎ、クリップ留めなどを始め、手先を使っての切る・貼る・結ぶ・ねじる・ちぎる、なぞるなどの基本的な年相応の作業がしっかりとできるように、繰り返し経験させていきます。
エプロン結びなど、日頃のお手伝いの時に、普通にできるように習慣化させましょう。
作業時間が短いので、くり返し行うことで安定してできることで自信に繋げられるでしょう。

立教女学院小学校直前コース 金曜日コース(180分) 日曜日コース(180分)

9月開講

8月までの立教女学院小学校コースから3時間コースとなります

立教女学院小学校直前コース 立教女学院小学校コースの特徴

各学校の過去問や予想問題を含め、傾向と対策を更に強化していきます。
これらの女子校はペーパーだけできれば良いのではありません。
ペーパー以外の取り組む姿勢や待つ態度や答え方など明るく落ち着いて行動できるようにしていきます。
そして、高いレベルの受験者の中で、落ち着いて本来の自分を出せるようにモチベーションをあげていきます。立教女学院小学校対策では、絵画・身体表現の総チェックを行います。


立教女学院小学校向け 個別レッスン

随時受付

チケット制です。

日時は随時ご相談下さい。予約制です。

立教女学院小学校向け 個別レッスン
一人ひとりのお子さんに合わせえたカスタムメードのカリキュラム
  • 一人ひとりのお子さんのつまずきのポイントや目標・達成までの期間を考慮し、その都度個別カリキュラムを作成し、徹底した傾向と対策で、定着を図り自信につなげます。
  • プリント・絵画・言語・発表・その他内容はご相談ください。
  • 終了後、学校選択等を含め、受験相談はいつでもできます。

立教女学院小学校入試対策 合格の秘訣

1、教育目標

  • 立教女学院小学校入試対策 合格の秘訣 健康で明るい子
  • 立教女学院小学校入試対策 合格の秘訣 すすんで行動する子
  • 立教女学院小学校入試対策 合格の秘訣 まわりの人を大切にする子

キリスト教の教えに基づいた心の教育を大切にしている

2、立教女学院小学校に合格するための具体的な対策

ペーパーテスト

以前に比べ、難しい問題ばかりでなく、基礎的な問題を丁寧に正確にできることが必要になってきたと思います。
お話の記憶をはじめ指示の聞き取りも多く、よく聞いて答えを導き出せるよう十分な対策が必要です。
又、常識の問題など、日頃から数の操作をはじめ、数の増減、構成、分配などをおやつを分け合ったり、日常体験をさせるとよいでしょう。

絵画や身体表現

口頭試問があり、何を描いているか、どんなものか、どうしてなのかを簡単にかつ具体的に話せることが必要です。
創造力、「うれしい」「楽しい」などの抽象的な表現に対する理解力、身体を使ってのさまざまな表現力を深めるようにしましょう。

集団テスト(行動観察)

自由遊びでは、各コーナーで先生方が、全ての態度をチェックされています。
お友達との関わり方、接し方、お道具の扱いなど、普段の様子を見られています。
最近は、体育館で2チーム対抗で「体操座りで待つ」「終わったら後ろに並ぶ」などのお約束で、運動をしたりグループ作りをすることも増えてきました。
実生活の体験が多いので日頃からお手伝いの中でしっかり取り入れていきましょう。
特定の人だけでなく、いろいろな人と仲良く遊べるお子様を目指します。

親子面接

子どもは日常的な質問や食に関する問題もよく出ます。
又、一枚の絵を見ながら、質問も発展していき、答えるために豊かな想像力が必要な質問が多いようです。
ご両親には、子どもより短い時間で2〜3問です。
事前に記入したアンケートの具体的内容も聞かれますので、しっかり御両親お二人ですり合わせをしておくとよいでしょう。
また、学校見学などを通して学校の教育観を理解することが大切です。
ご両親のご家庭の教育方針をしっかりまとめて、どちらに聞かれても同じ答えができるようにして下さい。
質問内容も多岐に渡るので、姿勢よく相手をきちんと見て答えられる意識を持たせましょう。

暁星コースの特徴
ご家庭でできること
  • 毎日の生活の中で親子でも大人と子供であることを理解させて、正しい言葉遣いをする習慣をつける。
    朝「おはようございます)」、晩「おやすみなさい」など、きちんと相手の目を見て頭を下げて、自分から進んでごあいさつできるようにしましょう。
  • 毎日5分でもよいので、親子で今日、幼稚園(保育園)であったことを話し合って、きちんとした会話ができるようにしましょう。
  • お手伝いをたくさんしましょう。
    新聞を運ぶことや、お箸並べや、荷物を運ぶことだけがお手伝いではありません。
    歯磨きをした後の洗面台を拭いたり、鏡をふいたり、タオルをしぼったりもよいでしょう。
    雨の日は傘たたみ、本のカバーをかけたり、レジャーシートを使ったりリュックの中に必要なものをしまったり、楽しくできる経験はたくさんあります。
    ホットケーキ作りも粉と牛乳をまぜる、卵を割る、おたまでホットケーキを作る。片づけるなどやれることは全て小学校受験の準備にに繋がります。
    毎日少しずつ出来ることを取り入れてみてください。
    そして、親子の会話をたくさんできるように心掛けて下さい。

何が何でも、立教女学院小学校に合格したいとお考えの方は、是非、ご連絡ください

【立教女学院小学校の受験をお考えの保護者の方へ】

当教室では、難関校と言われる女子校の受験に力を入れています。 これらの学校は、日常生活の過ごし方や親子の関わり方が、ご家庭のしつけとして考査の対象となります。 それは、プリントだけではなく、日頃の生活態度、お友だちとの関わり方や言葉がけ、物事に対する取り組み方など、総合的なバランスをテストの中で見られているということです。 年齢に応じたお子さまの発達や家庭でのしつけが試されるテストであると意識して、日頃より、ご家庭でもしっかりとお子さまと向き合って頂きたいと思います。 教室では、しつけについて

  • お友達との集団の中での振る舞い方
  • 何か問題が起きた時の対処の仕方
  • 日頃の生活習慣(挨拶、お礼、箸の持ち方、片づけの様子など)これらをポイントに指導しています

このコースの特徴は、教師(大人)との会話を通じ、きちんとした対応ができるよう言葉遣いに注意し、幼児扱いせずに正しい表現力、語彙力を増やしながら、コミュニケーションの力を伸ばしていきます。 行動観察においては、お友達との関わり方をみられますが、お友達との会話や声掛けの中で、保護者の方の日頃の口調や口癖が、如実に再現されますので、特に注意が必要です。お友達と関わり、発表する場面を多く作っていきますので積極的でないお子さまもだんだん明るく大きな声でお話ができるようになってきます。 一人ひとりのお子様とていねいに向き合って全員で合格を目指していきたいと思います。