ホーム > ブログ

2018/01/16

小学校受験をするか悩んでいるあなたに

小学校受験、または幼稚園受験をしようかどうしようかを悩む方も
多いものです。また、ご自分が同じ環境で育った場合は
受け入れやすいものですが、子供を取り巻く幼稚園や知り合いなどの周りの
環境で改めて、悩むご家庭も多いようです。

悩む原因の一番の理由が小さい頃から受験勉強させてかわいそうだという
考え方です。

自分はしたいと思っていてもご主人が反対したり、義理のご両親が反対という
お話もよく聞きます。
でも本当にそうでしょうか?
今、それぞれの学校で、考査の仕方は変わっていても、歳相応の五歳なら
五歳の、六歳なら、六歳のできて当たり前のことが当たり前にできる
お子さんが欲しいようです。
年齢相応の生活習慣、思考力や判断力、またはお友達との協調性や、
社会性が身についているかです。
確かに、月齢により、知育、体力、表現力、手先の巧緻性など、
バランスの良いお子さんばかりではありません。
バラツキはあるとは思いますが、その中でそれぞれの学校で重視している
ものを持っていると思われるお子さんが欲しいのでしょう。

反対する方は、幼児期の受験を特別なテクニックだけの知識の詰め込みを
していると思っているのではないでしょうか?

これからの入学準備期間の中で幼児期にこそ、しっかりと人と関わり他の人と
挨拶をすることで社会性を身につけ、物事に真剣に取り組み、
あきらめずに取り組む習慣をつけ、自己表現する楽しさを身につけることが
これから先の学校生活を豊かにすると思っています。

「人の話をしっかり聞くことができる」 これの一言が受験の全てだと思います。

この言葉は簡単なようで、学校生活やその先の社会生活の土台となるもので
ただのできる出来ないだけではないということがわかります。
逆に、できる出来ないだけで進んでしまう受験勉強は、子供の自主性や
考える力をなくしてしまうことにもなりかねません。

きちんと考えて、子供の良さをなくすことなく受験ができれば
こんな素晴らしいことはありません。親子の絆、お互いに頑張る経験、
もちろん、喧嘩をしたり、怒ったりすることもあるでしょう。
その上で、我が子の良さを再認識したり、家族で一つの方向に向かい、
一丸となって努力できる経験はそうたくさんあるものではありません。

どのような環境の中で子供を育てたいか、どのような子供にしたいか
きちんと考えてする受験であれば、お子さんにとっても、ご両親にとっても
プラスになることは間違いないと思います。

私たちは、子供さんの力を引きだす努力をしながらご両親とともに
将来を見据えた学校選びをしていきたいと思っています。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/01/15

小学校受験、新年長の1月、2月、3月の過ごし方

 

新年が明け、まだまだ、と思っているご家庭が多いと思います。

それは甘いと言わざるを得ません。

残念なことに今年は、色々な教室にお話を伺うと、男の子が

幼いというお話をよく聞きます。

しっかりとした体力のある男の子はどこに行ったのでしょう。

数年前も同じことがありました。

その学年によるとはいえ、早生まれだけでなく、全体的に

幼いことがあっても、しっかりとしたお子様は必ずどこかにいます。

その方たちと戦っていかなければならないのです。

でも、面白いことに小学校受験は偏差値だけではありません。

それは、学校が求めているお子様をしっかりと理解して、対策を

立てていくことです。

注意しなければいけないことは、うちの子は幼くて、プリントが

できないから行動観察なら、もしかしたらいけるかもと

逃げないことです。学習院、立教、早実、を狙うご家庭は、

もう一度、どうして、その学校にしたいのかを改めて

考え直してください。甘くはないのです。

そして、早めにどのような出題傾向なのかを知ってご家庭で

取り組んでほしいと思います。自宅でできることがたくさんあります。

だからといって、ご家庭ではできないものもたくさんあります。

ご家庭と教室で、上手に補いながら、これからと思わずに

すぐ、始めてみましょう。競争相手は始めているかもしれません。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/12/26

新年長のためのペーパー校、ノンペーパー校の行動観察とは

ほとんどの私立の小学校では、行動観察と言われる分野が重視されています。

それはお行儀の良さを見るのではありません。

 

集団での遊びやゲームなどを通して、また、共同制作などの様子から、発想力や

人との関わり方、協調性を見られるものです。そのほかには、関わり方などで

思うようにいかなかったりした時にどうするかという問題の処理の力をみる

課題なのです。

 

以前は「何も使わないでできる遊びを相談して決め、それをみんなであそぶ」

という課題もあり、積極的な関わり方を見られていました。

あまりにもパターン化してきたのか最近は課題に対する様子を見られるように

なってきたようです。

 

暁星小学校  類似問題      5~6人チーム

クーピー、おはじき、ビー玉、ミニカー、プロックなど12種類くらいのものの

うち 1人が1種類を12個持っています。

トレイにのせてお友達に声をかけながら、1つずつ交換し、全部違うものを

集めて行きます。

1回目はうまくいかないかもしれません。これでチェックされて終了の試験も

あります。

2回目にどのように話しかけたら良いかをみんなで相談してから、もう一度

お友達と交換しながらさっきと違うものを集めていきます。

2回目の相談は早実でもよく出る出題例です。

 

評価のポイント

 

➀  テスターの指示が一度で聞くことができる

➁  積極的に友達に関わることができ、話しかけることができる

➂  必要な言葉を考えて言える

➃  お友達と同じものを集めた時に自分たちでなんとかすることができる

 

使う道具が指定される行動観察も増えてきました。

 

身の回りのものの使い道を柔軟に考え、上手に遊びの中に取り入れて

いけるかがポイントになります。相談は、遊びを提案するだけでなく、

きちんと相手にどうしたら良いかを自分の言葉で伝えられることが

必要になります。

言い方のパターンだけを覚えるといつもと違う場合に対応ができません。

教室でも色々な機会を与え、どうしたら良いかを考えさせ、話しかける

機会を多く作っていきます。これはご自宅では教え込んでも一人では

できません。

 

ぜひ、早めに、ご家庭でも意識をして言葉がけを多くして、

お子さまに自分で考えて、どうしたら良いかを説明をさせる機会を

増やしてください。

女子校も共学校も全て必要なことですので同様に考えてください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/12/12

筑波小学校の作文

 

さて、最後の国立、筑波小学校の二次考査が近づいて来ました。

作文の準備はできましたか?

作文と言われて、三年目、昨年と一昨年の内容を見てもそれほどの

違いはありません。

まずは、自分のお子様のグループの二年分の出題内容を準備してから

他のグループの出題内容も考えておいてください。

また、付け加えるならば御茶ノ水で出た「早期教育についてどう考えるか」

も考えて見てください。

 

内容は、それぞれの今お世話になっているお教室の先生方に具体的に

聞いてみても良いでしょう。

 

当日は、A4の用紙   14行      約25分

15分と20分の時にお知らせがあるようです。

ボールペンの用意      忘れても貸し出しがあったようです

辞書等は持って行かず、書く用紙の裏側をメモがわりにしても

よいようです。

そのために、一つ一つの内容は箇条書きでまとめておくくらいが

良いと思います。

当日は、難しい言葉でなく自分の言葉で肉付けできるように

すれば充分だと思います。

間違えた時も良く聞かれますが、なるべく間違えないように

したいですが、願書ではないのですから、横2本線で良いのでは

ないでしょうか。

 

少しでもお役に立てるようにヒントをお伝えします。

 

①子どもが携帯電話、スマートフォンを持つことに対して

 

今の学校の状況は、使用許可証を頂けば持たせても

良いようです。低学年のお母様のお話ですが、両親は位置情報を

知りたいと思っているそうです。

その代わり、校内禁止、外でかけるときは道の端に寄るなどの

ご注意があるようです。

 

実際には、通話機能のない安心〇〇フォンで両親の他に何人か

登録をしていていざという時に使えるようにしてあるそうです。友達同士は

使っていないとのお話です。

賛成か反対かと聞かれたら、友達同士のトラブルやまた外部との

トラブルに巻き込まれないようにするためには反対ですがとしながら、

書けると良いですね。

 

⓶ 林間学校の行事について

 

友達と協力して成し遂げる達成感を味わう楽しさがあるとか、

日々の生活の中で、継続して体力をつける工夫をしているなどを書ける

と良いでしょう。

 

③ 子どもがほかの子とトラブルになったとき、どのように対処しますか

 

学校の考え方としては子ども同士のトラブルは子ども同士で

解決をさせるが基本のようです。

親はあまり、関わらずに、特に親同士は直接に連絡を取らないようにと

思っているようです。

そうは言っても被害者の立場と加害者の立場で違うでしょうし、

程度問題があるとは思います。

どちらにしても、自分の子に限ってと思わず、被害者の立場であっても

問題が起きる前に、自分がなにか相手をきずつけることがなかったかと

問いかけながら一緒に考える姿勢がもてると良いですね。

加害者の立場であるときは、大変なときは学校から呼び出しがあると思いますが、

直接、相手の両親に連絡するのではなく担任の先生にご相談をしてその後の

ご指示を仰ぐと良いと思います。

低学年のうちは特に、毎日の友達との関わりも、子どもに任せっきりではなく

、アンテナを張りながら見守ることも必要だと思います。

 

④ 運動会の順位づけについて

 

実際は各部で先生方が中心になり、競争をしています。

そのため、反対はしづらいです。賛成の言い方の例としてあげておきます。

自分の位置がわかり努力する目標がはっきりすると思います。

具体的に努力したことで、明らかに数字が出てくることにより、本人の

モチベーションが上がり、さらなる意欲を育てると思います。

それは運動だけでなく、子どもを取り巻く全ての新しいことに

対する自信や諦めない意欲を育むと思います。

 

まだまだあるとは思いますが、このようなイメージで考えて見たら

いかがでしょうか。

 

難しく考えずに、早めに準備をしてください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/08/20

小学校受験の女子校の行動観察及び面接で注意すること

今までの女子校を受けたお子さまや、今年の受験生のお子さまで

これからの直前期に注意していきたいことをお伝えしようと思います。

 

白百合の考査について

白百合の考査は受験生が同時刻に集まり、一斉に行われます。

ペーパーや個別テストの間に、それぞれのグループで行動観察を

行います。

 

時間が長くなると、つい無意識に行動してしまいます。

躾におけるお行儀も含めて、日常の様子が出てしまいます。

つい、椅子をお腹で押して片付けたり、遠くにある道具をつい

腹ばいになって手を伸ばしてとるなどしないでしょうか。

又、使ったものや椅子を片付けないで席を立ったりして

いないでしょうか。

教室でもそのような様子が見えたら注意していますが、

ご家庭での毎日の過ごし方が鍵になります。

場所を取るために、一番になるため、走ってお友達を

押しのけるなどはもってのほかです。

一つひとつの動作が長い時間でつい、出てしまいますので

残りの日々で注意していくことが大切になります。

他のお子さまにつられることもでてきます。

誰かがしているから大丈夫だと安心するのではなく、

それをして良いことなのか、いけないことなのか、自分で

考えて行動できるかが大切です。

まだまだ完全ではないお子さまの様子を見守りながら、

注意をしていきたいと思います。

 

面接について

面接については、挨拶は自分からしましょう。

見つめあったまま、挨拶を待っていることのないように

しましょう。

教室で面接練習でもそうですが、初めと終わりの挨拶は

きちんと自分からするのが大切です。

質疑応答の内容は、お手伝いは洗濯たたみですなどの単語では

足りません。ほとんどのお子さまが、同じ内容を言います。

お友達との区別化、差別化をするためには、なるべく

詳しい説明が必要なのです。

短い面接時間です。

少しでも多くのことを伝えるために、「靴下や、下着を畳むことです。」

「ボールで卵や牛乳を入れて、ホットケーキを作ることが得意です。」

「洗面所の周りや鏡を拭くお手伝いをしています。」 など

きちんとした返答を心がけてください。

会話力のあるお子さまは、物の道理の分かっているお子さまが

多いことも事実です。

これからの直前期は特に、ご家庭で幼稚園の出来事や、教室での

様子などいろいろな話題を取り入れてください。

教室での話題は時々、自分に都合の良いことも言うので

注意してほしいこともありますが。

 

プリントだけでなく、お子さまの興味のあることを取り入れ、

話したいと言う気持ちを増やしてください。

そして、「です」「ます」などを付け忘れないようにしましょう。

 

結果だけで、お子さまを叱咤激励するのではなく、

頑張っている姿勢をしっかりと認めてあげてください。

そして、褒める時は大袈裟でも良いので、しっかりと褒めてください。

少しの褒め方ですと、褒めたことを気がつかないこともありますよ。

 

女子校での面接では、ご家庭の様子や躾、そして、ご家庭の

教育方針をしっかり伝えましょう。

学校の求めているものをしっかり研究して、ご家庭の学校に

お伝えしたいことを自分たちの言葉できちんと伝えられるように

することの大切さを認識しましょう。

 

お子さまは、あと少しの期間とはいえ、まだまだ伸びてきます。

 

これからの時期はマイナス面ばかりを考えて悩むのではなく、

褒めて、褒めて、根拠のない自信でも良いので、自信を持って、

試験に臨めるように注意していきましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

PAGETOP

  • 03-3237-7025(受付時間:10時〜19時)
  • メールでのお問い合わせ