白百合学園小学校・筑波大学附属小学校・国府台女子学院小学部

  1. ホーム
  2. 合格者実績・喜びの声
  3. 喜びの声
  4. 白百合学園小学校・筑波大学附属小学校・国府台女子学院小学部

白百合学園小学校・筑波大学附属小学校・国府台女子学院小学部

娘は何事にも積極的に取り組める性格であったため、小さい頃から様々な習い事をさせてきました。「知徳体」のバランスの良い子に育ってほしいという思いから、運動や音楽だけではなく、知育にも積極的に取り組んでおりました。受験への関心はありましたが、一方で共働きの我が家には難しいのではなないかと悩んでいました。

年中の秋、いよいよ就学を意識し始めた時、土日にもクラスがある「リトルバード幼児教室」を知人に教えてもらい、悩める気持ちを抱えたまま授業を体験させていただきました。今まで家庭で取り組んできたことと、小学校受験の勉強との違いを目の当たりにし、ますます不安な気持ちになり気後れしてしまいましたが、棚岡先生の「今からでも大丈夫ですよ、一緒に頑張りましょう!」との言葉に、その日に入会を決めました。
その日は11月の1週目で、教室に合格報告の電話が鳴り続けるの間近に聞き、来年は我が家もと期待に胸を膨らませ、先生方と頑張ろうと決意したのを覚えています。こうしてちょうど1年前からの受験準備が始まりました。

志望校に関しては、当初、心の教育をしてくださる女子校という漠然とした希望しかなく、年中のうちは「総合クラス」を、春からは「雙葉・白百合・光塩コース」を取りました。
受験に関して右も左も分からない我が家でしたが、各授業のあとには必ず保護者への解説や、我が子へのフィードバックがあり、今やるべきこと、課題が常に明確であったので、迷うことなく日々を積み重ねていくことができました。
特に、「雙葉・白百合・光塩コース」では、ペーパー対策はもちろん、女子校を受験する上で大切となる、生活習慣や言葉遣い、所作等を一人一人しっかりと見ていただき、他の幼児教室にはないリトルバードならではの良さを実感しました。
娘も、取り組む姿勢や待つ態度が良くなり、また、お友達との関わり方も自然と上手になりました。受験対策としてももちろんですが、子供の成長としても大変嬉しく感じておりました。

また、親としては、活発な娘と思っていましたが、集団の中では、なかなか発言できないということがわかり、1月からは「行動観察クラス」を受講しました。娘も、自分の意見を言うことに苦手意識をもっており、志望校を決めるうえでも大変苦慮しましたが、先生方の優しい声掛けのおかげで、その場にあった臨機応変な声掛けが少しずつ出来るようになり、最終的には本人も自信を持って試験に臨めるようにまでなりました。

入室時は、親も子もプレッシャーにならないよう、無理のない受験を考えていましたが、頑張る娘の姿を見ているうちに、いつしか親子で「白百合に行きたい」と思うようになり、志望校として目指す決意をしました。
家庭では、時間を最大限有効活用できるよう、毎晩、翌日分のペーパーをまずは両親ですべて解き、間違いやすそうな箇所のチェックや、解説のポイントを準備するなどの工夫をし、量・質ともに充分に取り組めるようにしました。
夏以降、模試の結果が振るわず自信をなくすこともありましたが、その度に先生方に的確なアドバイスや励ましの言葉をいただけたことで、最後まで志望校を諦めずに突き進むことができました。

ペーパーに関しては、スランプがたびたびありましたが、少人数でのきめ細やかな指導と毎週の宿題のおかげで、着実に力をつけていることを実感しました。また、お友達との切磋琢磨できる環境のおかげで、娘も意欲をもって取り組むことができたので、模試の結果に一喜一憂することなく、ただ志望校に向けて突き進むことができました。最終的には本人の自信になり安心して試験に望めるようにまでなりました。

時に不安になることも多々ありましたが、常に家族に寄り添い、家庭にあったアドバイスや温かくも厳しい叱咤激励のおかげで、家族一丸となって小学校受験を乗り越えることが出来たのは棚岡先生をはじめリトルバード幼児教室の先生方の支えがあってこそだと思っております。

試験当日、教室を出てきた娘が「楽しかった、また受けたい!」と言ってくれたことが何よりも嬉しく、先生方への感謝の念に堪えません。大変お世話になりありがとうございました。