田園調布雙葉小学校

  1. ホーム
  2. 合格者実績・喜びの声
  3. 喜びの声
  4. 田園調布雙葉小学校

田園調布雙葉小学校

娘は早生まれということもあり、小学校受験をするかしないかを悩んでいる間に、気付けば年長の5月になっていました。

コロナ禍で幼稚園がお休みとなり、娘とゆっくりと向き合う時間もできたので5月初めにリトルバードに通うことに決めました。

まずは基礎をしっかり固めるため、1回2時間を週2回ほどから始めることにしました。

5月中は年中から年長4月までのプリントをこなしていました。
6月になり、学校別コース、体操クラス、プリントレベルアップクラスを受講することにしました。
6月はプリントや巧緻性対策に勤しみましたが、なかなか結果に繋がらず挫けそうになりました。
この頃には娘は金シールの数を意識し始めるようになりました。プリントの時間に満点を取りたいという強い意思がみえるようになったそうです。家では見られない姿を先生から伺い、娘の成長を感じました。

夏休みは夏期講習もあり、リトルバードで密な時間を過ごしました。娘はリトルバードが大好きで、先生方やお友達に会えることを楽しみにしておりました。私自身も先生方の励ましや温かい言葉に幾度となく救われ、夏休み中は娘を信じ過ごすことができたように思います。

早生まれは夏以降に伸びると励まし続けていただいたこともあり、気持ちを強く持ち取り組むことができました。
その言葉通り、夏期講習後の最後の模試ではぐんと成績が伸び、娘のやる気をさらに高めたように思います。

8月の後半には面接対策も取り入れ、9月は願書の添削もご指導いただきました。
願書作成はとても大変でしたが、先生方がじっくり時間をかけて相談に乗ってくださり、納得いく願書を作成できたと思います。

9月10月は日々のプリントにプラスし、志望校と受験校の過去問にも取り組み始めました。学校によって出題傾向が違うので、対策することで理解を深めることができたと思います。娘に合う問題、合わない問題もわかりました。娘自身も、この学校の問題は解き易いなどと言うようにもなりました。

学校によって出題傾向を把握できたことは、娘の自信に繋がったように思います。

小学校受験を通し、娘としっかり向き合い、貴重な時間を過ごせたと思います。私共がどのようなことを大切にし子育てをしてきたか、子供にどのように育ってほしいか等、改めて考えるとても良い機会となりました。

我が家は準備期間が短く、模試もリトルバードのみでしたので、試験には不安はありました。しかし、娘にとってはこれで良かったように思います。

短い間でしたがリトルバードの先生方には大変お世話になりました。心より御礼申し上げます。
ありがとうございました。