筑波大学附属小学校・日出学園小学校

  1. ホーム
  2. 合格者実績・喜びの声
  3. 喜びの声
  4. 筑波大学附属小学校・日出学園小学校

筑波大学附属小学校・日出学園小学校

小学校受験に対して否定的だった主人を説得して子供の可能性を広げるチャンスがあるならチャレンジしようと家族会議をしたのが年中の夏。それからあっという間の1年でした。

大手のお教室は幼稚園受験で数カ月体験して、肌に合わず、塾の枠に生徒や家庭をはめるのではなく、それぞれにあった形で共働きでも、相談にのってくださるところはないか?
母親の勤務先から近く、仕事と保育園と塾の送迎を成立させるのに可能なところはないか?個別などフォローが細かいところはないか?
というすべての希望が叶うところがリトルバードでした。
当初、国立志望でしたが、棚岡先生にご相談したところ、抽選もあるし、どこを受験するにしても暁星コースをきちんと受講していれば
汎用性が高く、受験に臨めるということを信じて年中の11月に入塾しました。
落ち着きがなく、終始ふざけていて、ふらふらして、悪目立ちをして先生を困らせてばかりの息子と仕事が忙しいからとなかなか本腰がはいらない母親とでさぞ手を焼かれたことと思います。
周りのお子さんの落ち着きと、やる気に後押しされる形で暁星小学校にも憧れるようになり
年長の4月からは土曜日のプリントコースと行動観察コースも追加し
平日の夕方は仕事を早々にきりあげ、主人が運動をみてくれました。
夏季講習は、コロナ禍で自由出社になり、時世の後押しで、我が家的には無理なく塾へ送迎することができました。

とはいえ、相変わらず仕事ばかりしてお迎えが間に合わず、先生方に甘えてしまうこともありました。
最後の2か月は受験と仕事のピークが重なり、主人の母にも助っ人できてもらい、なんとか乗り越えました。
直前で希望している学校の受験日がかぶり、悩みに悩んで暁星を受けるには、息子の態度や、私たち親の学校への愛が不足しているとなり別の学校を受験しました。結果は残念となりましたが、抽選を通っていた筑波にむけて最後2週間、気持ちを律して、息子にも置かれている状況など赤裸々に伝え、無事に当初の希望であった国立小学校へ合格をいただくことができました。
棚岡先生はじめ、リトルバードの先生方に吉報をお届けできたことが、本当にうれしく、こんなにも私たち家族にとって大きな存在となっていたと改めて気づかされました。リトルバードなくして、合格はないと思っておりますし、学校とのご縁の前に、リトルバードとのご縁があったことに感謝を申し上げます。
本当にありがとうございました。