雙葉小学校

  1. ホーム
  2. 合格者実績・喜びの声
  3. 喜びの声
  4. 雙葉小学校

雙葉小学校

我が家が小学校受験を意識したのは、幼稚園の年中クラスの夏でした。9月、10月と教室をいくつか体験させてき、その上で子どもはもちろんですが、まず母親である私が室長とお話をして、一番安心して、信頼できると感じた「リトルバード幼児教室」に決めました。

 当初、女子校という漠然とした思いしかなく、主人が協力してくれるとは言え、どの学校にするか話し合いがつかないままのの受験への出発で、大きな不安がありました。先生に「子どもがどんな学校に合うか」とともに「どんな環境で育てたいかを考えて下さい」と言われ、何度も主人と話合い、今までになく子どもの人生や 自分たちのことを真剣に話し合うことのできる貴重な体験でした。

 友人から勧められた1月からの行動観察クラスは、皆と協力して作業をしたり、ごっこ遊びが入っていて子どもの大好きなクラスでした。自分が何をしているのか、何をしたいなど、先生とコミュニケーションをとったり、毎年少しずつ変化する巧緻性を取り入れたり、出来るようになるまで繰り返してやって頂ける運動など、内容の濃いもので評判通りでした。人見知りするおとなしい娘は、はじめは思うように成績が伸びませんでしたが、先生の「先生の授業を受け放しにしないこと」をいつも心掛け、生活のリズムをつけるようにしました。
今は、もう少し早目に始めていれば良かったとつくづく感じています。

 夏頃より、アドバイス通り、大手の模試を受けました。「雰囲気に慣れるためで、結果は気にしないように」という言葉を信じながら、母親が時々感情的になり、なかなか難しかったのですが、父親に代わってもらったりして娘の成績を確認して、出来ないところを補強するようにしました。娘が手間のかかる子どもであったため、先生は時々様子を知らせてくださったり、こちらの不安にもいつも本音で、笑顔で答えてくださり、お話を聞いていただくだけで安心することが出来ました。もしかしたら、他の教室だったら第一志望は、受けさせていただけなかったかもしれません。先生方には、いつもご心配をかけ通しでしたが、私共のどうしても受験させたいという思いを分かって頂き感謝しています。

 9月からは、「女子校直前コース」「行動観察クラス」を受け、個別に授業を何度か受け、基礎を固めるため、総復習をして、生活習慣に気をつけ、お手伝いを積極的にさせたり、遊んだり、家族の団らんを大切にするようにと、細かいアドバイスをいただきました。
子どもも親も、手探りの中、何とかあきらめずに志望校にたどり着けたのも先生方のおかげです。

 今でも、「リトルバードに行きたい」という娘と「あの時、あきらめずに良かった。「リトルバードで良かった。」と 主人とも話しております。どうかお身体を大切に、これからもたくさんのお子さんやご両親の心強い味方でいて下さい。  追伸ですが、あの「お話をよく聞けるドキドキしない魔法の薬」はよく聞きました。今でも大事にとってあります。