ホーム > 合格者実績喜びの声

合格実績・合格体験記

2017年度

私立小学校 : 在籍34名(合格者数/受験者数)

暁星小学校  (10/14)成蹊小学校 (4/7)早稲田実業学校初等部 (1/3)
立教小学校(1/2)雙葉小学校 (1/1)光塩女子学院初等科 (2/3)
白百合学園小学校 (2/4)学習院初等科 (1/1)東洋英和女学院小学部 (2/3)
東京都市大学付属小学校 (1/1)昭和女子大付属昭和小学校 (1/1)聖学院小学校 (2/2)
淑徳小学校 (2/2) 国立学園小学校 (1/1)桐朋小学校 (1/1)
桐陰学園小学部 (1/1)国府台女子学院小学部 (4/4)さとえ学園小学校 (5/5)
西武学園文理小学校 (1/1))開智小学校(総合部) (3/3)江戸川取手小学校 (2/2)
新渡戸文化小学校 (1/1)東京中華學校 (1/1))

国立小学校

筑波大学附属小学校 (11)お茶の水女子大学附属小学校 (3)東京学芸大学附属竹早小学校 (1)
東京学芸大学附属世田谷小学校 (1)

幼稚園

暁星幼稚園 (1/1)

2016年度

私立小学校 : 在籍33名(合格者数/受験者数)

暁星小学校  (13/18・1次合格15名)慶應義塾幼稚舎 (1/2)成蹊小学校 (7/10)
早稲田実業学校初等部 (1/3)光塩女子学院初等科 (4/4)白百合学園小学校 (1/1)
学習院初等科 (1/1)東洋英和女学院小学部 (2/4)日本女子大豊明小学校 (1/2)
宝仙学園小学校 (2/2)東京都市大学付属小学校 (2/2)聖心女子学院初等科 (2/2)
東京女学館小学校 (1/1)昭和女子大付属昭和小学校 (1/1)ドミニコ学園小学校 (1/1)
聖学院小学校 (1/1)桐朋小学校 (1/1)桐光学園小学校 (1/1)
桐陰学園小学部 (1/1)洗足学園小学校 (2/4)森村学園小学校 (1/1)
国府台女子学院小学部 (1/1)千葉日大第一小学校 (1/1)日出学園小学校 (1/1)
さとえ学園小学校 (4/6)西武学園文理小学校 (1/1)開智小学校(総合部) (1/1)
開智学園望小学校 (1/1)江戸川取手小学校 (1/1)新渡戸文化小学校 (1/1)

国立小学校

筑波大学附属小学校 (12)お茶の水女子大学附属小学校 (1)東京学芸大学附属竹早小学校 (2)
東京学芸大学附属小金井小学校 (1)東京学芸大学附属大泉小学校 (1)

幼稚園

暁星幼稚園 (2/2)

2015年度

私立小学校:在籍32名(合格者数/受験者数)

暁星小学校  (9/16・1次10)早稲田実業学校初等部(1/5・1次3)成蹊小学校(1/3)
慶應義塾横浜初等部(1/2 1次2)白百合学園小学校(2/3)光塩女子学院初等科(5/6)
立教女学院小学校(1/1)聖心女子学院初等科 (1/2)東洋英和女学院小学部(3/5)
桐朋小学校(1/1)東京都市大学付属小学校(1/1)川村小学校(1/1)
淑徳小学校(2/2)トキワ松学園小学校(1/1)学習院初等科(1/2)
目黒星美学園小学校(1/1)洗足学園小学校(3/5)横浜雙葉小学校(1/1)
桐蔭学園小学部(1/1)湘南学園小学校(1/1)開智小学校(総合部)(3/3)
西武学園文理小学校(1/1)さとえ学園小学校(1/1)開智学園望小学校(2/2)
国府台女子学院小学部(2/2)日出学園小学校(2/2)東京中華學校小学部(2/2)

国立小学校

筑波大学附属小学校(10)お茶の水女子大学附属小学校(3)東京学芸大学附属竹早小学校(4)
東京学芸大学附属世田谷小学校(2)東京学芸大学附属大泉小学校(1)

2014年度

私立小学校:在籍28名(合格者数/受験者数)

暁星小学校(11/16)雙葉小学校(1/2)白百合学園小学校(1/2)
光塩女子学院初等科(2/3) 立教女学院初等科(1/1)成蹊小学校(4/4)
早稲田実業学校初等部(2/3)江戸川学園取手小学校(3/3)国府台女子学院小学校(3/3)
川村小学校(1/1)桐朋学園小学校(1/1)青山学院初等部(1/1)
淑徳小学校(2/2) 東京都市大学付属小学校(1/1) 宝仙学園小学校(4/4)
小野学園小学校(1/1)さとえ学園小学校(1/1)聖徳大学附属小学校(1/1)

国立小学校

筑波大学附属小学校(11)学芸大学附属竹早小学校(1)お茶の水女子大学附属小学校(3)
学芸大学附属大小金井小学校(1) 学芸大学附属世田谷小学校(1)

2013年度

私立小学校:在籍24名

暁星小学校(7/9)聖心女子学院初等科(1/1)白百合学園小学校(1/1)
光塩女子学院初等科(5/7)日本女子大学附属豊明小学校(2/2)成蹊小学校(2/2)
早稲田実業学校初等部(1/2)東京女学館小学校(2/2)成城学園初等学校(1/1)
東洋英和女学院小学部(2/2)川村小学校(2/2)国立学園小学校(1/1)
淑徳小学校(3/3)東京都市大学附属小学校(1/1)桐蔭学園小学部(1/1)
桐光学園小学校(1/1)昭和学院小学校(1/1)聖徳大学附属小学校(1/1)
聖学院小学校(1/1)

国立小学校

筑波大学附属小学校(13)学芸大学附属竹早小学校(1)お茶の水女子大学附属小学校(1)
学芸大学附属大泉小学校(2)学芸大学附属世田谷小学校(1)

2012年度

私立小学校:在籍29名

暁星小学校(7/8)早稲田実業学校初等部(1/2)成城学園初等学校(1/1)
桐朋学園小学校(1/2)星美学園小学校(4/4)国立学園小学校(2/3)
東京都市大学付属小学校(1/1)聖ドミニコ学園小学校(1/1)宝仙学園小学校(推薦1/1)
聖徳学園小学校(1/1)トキワ松学園小学校(1/1)光塩女子学院初等科(9/11)
日本女子大学附属豊明小学校(1/1)川村小学校(1/1)目黒星美学園小学校(1/1)
カリタス小学校(2/2)西武学園文理小学校(1/1)星野学園小学校(2/2)
さとえ学園小学校(1/1)日出学園小学校(1/1)

国立小学校

東京学芸大学附属竹早小学校(1)お茶の水女子大学附属小学校(1)東京学芸大学附属小金井小学校(1)
東京学芸大学附属大泉小学校(2)筑波大附属小学校(6)

幼稚園

お茶の水女子大附属幼稚園(1/2)

2011年度

私立小学校:在籍28名

暁星小学校(4・一次合格5)聖心女子学院初等科(1)日本女子大学附属豊明小学校(1)
白百合学園小学校(1)雙葉小学校(1)光塩女子学院初等科(内部5・外部6)
小野学園小学校(1)川村小学校(1)青山学院初等部(1)
学習院初等科(1)立教小学校(2)成蹊小学校(1)
淑徳小学校(3)聖学院小学校(3)星美学園小学校(1)
国府台女子学院小学部(2)国立学園小学校(2)明星小学校(1)
西武学園文理小学校(4)星野学園小学校(2)東京中華學校(1)
開智学園総合部(小学校)(1)

国立小学校

東京学芸大学附属竹早小学校(1)お茶の水女子大学附属小学校(1)東京学芸大学附属小金井小学校(1)
東京学芸大学附属大泉小学校(2)筑波大附属小学校(7)

2010年度

私立小学校:在籍42名

暁星小学校(7)聖心女子学院初等科(2)日本女子大学附属豊明小学校(2)
小野学園小学校(1)トキワ松学園小学校(1)目黒星美学園小学校(1)
昭和女子大学附属昭和小学校(1)東京女学館小学校(2)光塩女子学院初等科(内部3・外部5)
川村小学校(3)聖学院小学校(1)星美学園小学校(1)
淑徳小学校(3)成蹊小学校(1)国立学園小学校(3)
宝仙学園小学校(2)桐朋学園小学校(1)清明学園初等部(1)
むさしの学園小学校(1)桐蔭学園小学部(4)カリタス小学校(2)
開智学園総合部(小学校)(1)西武学園文理小学校(7)国府台女子学院小学部(2)
日出学園小学校(1)

国立小学校

筑波大学附属小学校(8)東京学芸大学附属竹早小学校(2)東京学芸大学附属大泉小学校(1)
お茶の水女子大学附属小学校(1)東京学芸大学附属小金井小学校(2)

幼稚園

日本女子大学附属豊明(3保・1)聖学院幼稚園(3保・1)

合格体験記

合格小学校名:暁星小学校

 

小学校受験という選択肢を思い立ったのは年中の春でした。

あまり深く考えずに、まずは暁星・筑波大附属に強そうな幼児教室の体験授業を受けてみようと思い

最初に電話をしたのがリトルバード幼児教室でした。

体験授業を受けた感想は「先生と子どもの距離が近い」ということです。

少人数制ということもあり、常に先生の目が行き届いてしっかりと指導されているように感じました。

また、体験授業後の棚岡先生とのお話でも、親身に相談に乗っていただけると感じました。

子どもも「楽しかった」と言っていたので、結局他の教室の見学もせずに、

その日のうちに申し込みをしたことを覚えています。大手と呼ばれる教室は模試で数回お世話に

なりましたが、結果的に我が家にとっては、アットホームな雰囲気のリトルバード幼児教室が合っていた

ように思います。

 

教室に通い始めて気付いたことは、幼稚園児が身に着けていて当然なことが全然できていなかったということ

です。箸の持ち方、鉛筆の持ち方、はさみの使い方、蝶結びなど、家でほとんどやらせていなかったため、

教室の他の子どもたちとの差に愕然としました。当然のことながら、月1回の発達判定テストもずっと低空

飛行で、後から入った子どもたちにもどんどん抜かれていく状況が辛かったです。先生からは「どんなに

できなくても、前回から少しでも伸びているところを見つけて褒めてください」と言われていたものの、

プリントもダメ、絵もダメ、工作もダメ、運動もダメ・・・とマイナス点ばかりが目に付き、

精神的に辛い時期が長く続きました。

幸いにも子どもは幼児教室が大好きで、一度も「行きたくない」とは言わなかったことに救われた

と思っています。結局、目に見えて成果が出てきたのは年長の夏休み明けくらいでした。

徐々にプリントができるようになってきて、工作も進歩が見られるようになり、

本人の自信にも繋がっていくという好循環ができました。

そして10月末の本番直前にはケアレスミスも減って、ほとんどの問題が解けるようになっていました。

 

プリントは教室の復習と宿題をメインにして、苦手分野のみこぐま会の問題集を使っていました。

毎朝20枚程度をこなしていたと思います。リトルバード幼児教室は宿題の量が多く問題も多岐に渡るため、

それ以上の教材は必要ないと思います。ただ、我が家では問題を1回で聞き取れなかった際についつい

補足説明をしてしまうことが多く、集中して聞き取る力、分からなくても自分でどのような問題か考える力

を伸ばす妨げになってしまっていたような気がします。

また、最後まで苦しんだのは運動でした。遠投と投げ上げは暁星で毎年出る課題だと分かっていたものの、

なぜ上手にできないのかが理解できず、教え方も分らないという状況で、不十分なままで本番となって

しまいました。プリントばかりに目がいってしまい、他分野を疎かにしてしまったためだと思います。

小学校受験を思い立ってからの1年半、何も分からない状態から家族全員で無我夢中で乗り切ったように

思います。小学校受験をしなければ、親子でこんなにしっかりと向き合うことはなかったかもしれず、

得難い経験できたと思います。ただ、子どもと接する時間が長い分、どうしてもストレスは母親に偏ります。

我が家も何度も「もう辞めようか」というタイミングがありましたが、朝の勉強はなるべく父親が見る、

週末は父親が一緒に運動するなど、どちらかに過度に負担がかかるようなことがないように、

お互いに協力し合うことで乗り切りました。

 

また、当たり前のことですが、信頼できる幼児教室、先生と巡り合い、ブレずについていくことも結果的

には合格への最短距離だと感じました。本当にありがとうございました。

 

合格小学校名:雙葉小学校

 

この度、娘が雙葉小学校に合格致しました。

受験勉強を始めたのは、年中の11月。かつて二つ年上の兄がリトルバードでお世話になり

筑波大付属小学校と暁星小学校に合格させて頂いたご縁もあり、迷わず門を叩きました。

 

入塾してしばらくの間、娘は慣れない環境からか、教室に入る前に泣き出し、

時間になっても教室に入れないということが多々あり、滑り出しは決して良くありませんでした。

また娘は3月生まれの上、私自身それまで兄の勉強にかかりきりのあまり、下の娘については後回しになり、

気づけば物の名前はもちろん、色も分かっていない状態でまさにマイナスからのスタートでした。

担当して下さった棚岡先生を始めリトルバードの先生方は、そんな娘のことをいつも温かい目で見守って下さり、

「大丈夫!いつか必ずできるようになる!」と励まし、娘に寄り添って指導して下さいました。

また男の子と女の子では得手不得手が違い、兄の時とは比べないこと、

そして子供の力を信じて根気強く励ますよう私自身をも諭して下さいました。

特に毎月行われる発達判定テストの際、先生が書いて下さる温かいコメントのおかげでテストの点数だけを見て

一喜一憂することなく娘のちょっとした成長にも目を向けることができました。

4月からは学校別のコースの他、土曜日のプリントスピードアップレッスンで多くの問題に触れ、

行動観察ではお友達と楽しみながら取り組み、娘も少しずつ自信を持てるようになったようです。

そしてお教室で仲良くなったお友達の存在も本人にとって良きライバルとして互いに良い刺激になったようです。

今こうして振り返ると受験のためのこの一年間は本当に色濃い日々を過ごせたと思います。

娘の将来のこと、どのような環境で学んでほしいか家族で何度も話し合ったこと、

季節の行事や旬の食材を楽しんだこと、子供と一緒にスーパーや公園に足を運んだこと、

今まで気づかなかった子供の側面に気づけたこと。

それら全てが私たち家族の糧になり、親子共々成長させて頂きました。

 

一年前想像もしなかった娘の成長は、やはり先生方のおかげです。

本当にありがとうございました。

 

合格小学校名:暁星小学校

 

我が家の小学校受験は、年中の2月に突如、始まりました。

それまでは夫婦共に全く興味がなかったので、まずは慌てて、

知人からの情報収集と、ネットで調べ始めました。

もちろん、大手の教室の名前すらも知らなかったので、そこから勉強です。

 

受験すると決めても、我が家は共働きで子ども3人(5歳、3歳、1歳)なので、

本当に受験が出来るのか不安でした。

そこは教室の先生に直接面談で聞くのが一番と、問い合わせを始めました。

土曜しか送迎が出来ないので、大手の土曜コースに問い合わせると、満席なので

キャンセル待ちと言われました。

そこで、ネットで検索して『日曜暁星コース』と保育園児にぴったりのリトルバードに電話して、

早速、その週(2月の第1週目)の日曜に体験に行きました。

授業後の棚岡先生との面談で、『目指すは暁星です。今からでも間に合いますか?』と聞くと、

『信じてついてきて下さい。一緒に頑張りましょう』と仰っていただきました。

息子も初めての勉強教室でしたが、受験の意味も分からないのに『通いたい』

と言ってくれたので、棚岡先生を信じて、リトルバードと共に9ヶ月間突き進もうと決めました。

 

我が家の生活は一変しました。2月、3月は日曜年長コースと週1回1.5時間の個別指導で、

基礎固めに取り組み始めました。4月からは水曜のグループレッスン、受験体操、

土曜のプリントスピードレベルアップクラス、行動観察クラス、日曜暁星コースと週3日通いました。

水曜は送迎サービスを利用して、保育園からリトルバードまでの送迎をお願いしました。

日曜コースなのでテストも重なり、教室でお弁当を食べる事もありましたが、またそれを楽しみに通っていました。

 

自宅学習は、復習と宿題だけは、しっかりとやりました。リトルバードのペーパーを始めると、どんどん吸収し、

着実に力が付いていきました。

子どもの力を上手に伸ばしていただいているのが分かり、模試を受けてみようという気持ちになりました。

5月の大手の模試ではペーパー16位、9月は総合で1位でした。

これには、流石に驚きましたが、全てリトルバードにお任せしている結果だと確信しました。

そして、息子がその結果を持って向かうのは、もちろん棚岡先生でした。

 

暁星小学校1次試験終了後の息子は、誰よりも自信に満ち溢れ、輝いていました。

『どうだった?』と聞くと、『出来たよ。結果はいつ届くのかな?届いたら棚岡先生に持って行こうね!』

と言いいました。子どもにとって棚岡先生は、本当に安心できる存在なんだと嬉しくなりました。

そして、暁星小学校の合格通知書を手にした私が一番に電話したのも、棚岡先生でした。

 

先生方には、子どもに寄り添い、本当に良く面倒をみていただきました。

ふざけた時には本気で叱ってくださり、病気で休んだ時には『どうですか?』とお声がけをいただきました。

どんな時も、愛情一杯に接していただき、感謝しています。

私も、勉強というより育児のアドバイスをいただき、支えとしていました。

 

土日に効率よく勉強が出来るので、共働きの家庭、兄弟がいる家庭にとって、リトルバードは何よりの味方です。

そして、暁星小学校への近道です。我が家は、リトルバード一本、暁星一筋で、合格を勝ち取りました。

本当にリトルバードと出会えてラッキーだと思います。9ヶ月間、大変お世話になりました。

本当にありがとうございました。

 

小学校受験は、様々な情報に惑わされ、不安になることもあると思いますが、リトルバードは何よりも強い味方です。

ペーパー量、行動観察、巧緻性など他の幼児教室を知らないので比較は出来ないですが、

他の教室は知らなくても大丈夫です。リトルバードにお任せして、合格を勝ち取ってください。

 

合格小学校名:白百合学園小学校・東洋英和女学院・筑波大学附属小学校

 

長女の受験に際し、右も左も分からない状態から第一志望の学校に合格できるまで

引っ張り上げていただきリトルバードの先生方に感謝申し上げたいと思います。

 

我が家がリトルバードにお世話になったのは年中の冬期講習からでした。

たまたま自宅の近くにあったというきっかけではありましたが、他の塾と比較することなく

お世話になることを即決いたしました。

ビシバシと厳しく指導されている姿勢と、上のご兄弟もこちらでお世話になって

今は下のお子さんを通わせておられるという方が多かったので信頼の厚い幼児教室なのだなぁと

思ったことからです。

それまで全く受験に無知だった私たち夫婦もそれから勉強し始め、先生方にも色々教えていただき、

情報を得ていくことが出来ました。

 

本格的に受講を始めた1月以降は年長総合クラスと言語・発表クラス、4月以降は学校別コース、

プリントスピードレベルアップクラス、行動観察クラスを週1コマずつ受講しました。

自宅での学習は起床後に学校別とスピードレベルアップクラスのペーパー復習2冊とそれぞれの宿題2冊の

4冊をしっかりやることに集中し、幼稚園から帰宅後は巧緻性や行動観察などに取り組むようにしました。

リトルバードのペーパーのクオリティとボリュームはこれさえある程度こなせるようになれば何とかなる

という自信を生んでくれたように思います。

授業後に100点の枚数だけいただける『金シール』も子供のヤル気に効果抜群でした。

 

夏休みが終わると受験までは本当にもう何も出来ないくらい時が経つのが早く、志望校の絞り込み、

願書作成、面接準備などに追われました。

リトルバードでは過去の経験が豊富なので様々な事例を踏まえて受験校の選定や具体的な対策、

少人数ならではの細かいフォローアップをして頂き、ついて行けばなんとかなるだろうという安心感が

ありました。また受験準備期間を通して子供の実力がとても伸びる時があったり、逆に停滞するような時が

ありました。

また模試(他の教室含)でも良い成績をとってくることもあれば、そうでもないこともあり、

親としてはヤキモキしましたが、そんな時にも先生方には色々とお声がけをいただいたことが

とても支えになりました。

 

人前で話すことが苦手だった娘が最後の方にはお友達とふざけて授業中に注意されるまでになり、

面接本番でも大きな声でお話をすることができたのを見た時、この一年で本当に成長したんだなぁと

しみじみと感心してしまいました。受験で納得のいく成果を出すことができたことはもちろん大切ですが、

今では子供の成長にとってリトルバードが欠かせないステップであったように思います。

3歳下の娘もおりますが、また是非お世話になるつもりです。この一年本当にお世話になりました。

 

合格小学校名:筑波大学附属小学校・光塩女子学院初等科

 

我が家は、リトルバードで3人の子供がお世話になりました。

3年生の長男は、カトリック系の男子校、2年生の長女も同系の女子校に合格を頂き、

それぞれの学校で充実した日々を送らせていただいております。

今回は次女、我が家にとっては3回目の最後の小学校受験でした。

長男長女と異なり、色々な面で幼く、早生まれであることなどから心配することの多い娘でしたが、

私立3校と国立1校の合格を頂くことが叶い無事、受験を終えることができました。

受験が終わって2カ月が経ち、穏やかな心で春を待ちながら、娘から発せられる探求心溢れる質問を

聞いて改めてリトルバードでの刺激的な学びが娘の身になっていることを感じおります。

 

娘がリトルバードに通い始めたのは、新年長の11月でした。

長男、長女と受験が続き、それぞれが入学した学校の行事などで慌ただしく過ごしているうちに、

娘の番が来た。というのが正直なところでした。

兄姉で慣れ親しんだお教室。

元々、娘は人見知りもせず、誰とでもすぐ仲良くすることが出来る明るく活発な子なので、

初めてお教室でお世話になったその日からすぐ馴染み、一緒に学ぶお友達とも仲良くなり、

お優しい先生方に抱き着いて甘えておりました。

しかし、早生まれに加えて基礎学力と体力に乏しい点や小学校受験で求められる指示行動や所作、

言葉遣いを含む躾に至るまで全てを整える必要があることが目に見えた時、途方に暮れる思いがしました。

不安な気持ちでいた私たち夫婦に、

棚岡先生が「大丈夫。合格させるから信じてくださいね。」とお言葉を掛けて下さり、

私たちが見落としがちな娘の改善箇所についてはことあるごとに細かくご指導いただけたことが

大変貴重でした。

 

通い始めて最初の頃は、体力作りの為にお教室まで足を使って通うことと決まった時間に勉強をする習慣を

身に着けさせることからスタートし、家では宿題とリトルバードの授業で解いたプリントをコピーして、

必ず復習をするようにしました。

 

毎日、繰り返し枚数を増やしながら、復習しているうちにお教室で毎月行われる確認テストで少しずつ結果を

出せるようになり、娘も自信を持ち積極的に何事にも取り組めるようになってきました。

春、夏頃には基本的に週3回のお教室通いと家庭学習の量を増やしていきながら、土日は息抜きで、

自然豊かな場所での体験活動も積極的に行いました。

受験期間中、娘が疲れていたり、遊びたかったり、毎日が順調であったわけではありません。

宥めたり、叱ったり、話し合ったりしながら、最後はいつも

「兄姉とともに電車に乗って学校に通いたい。」という本人の思いを確認し合いながら棚岡先生に

アドバイスをいただき、励ましていただきながら、何度かスランプを乗り切ってきました。

3人の子供達がお世話になっている棚岡先生は、先生としても、母業の先輩としても尊敬しておりますし、

いつも温かく、家族のように接してくださいました。

棚岡先生の「大丈夫です。合格させるから信じてついてきて」

の言葉通りに、棚岡先生を信じてコツコツと努力を重ねたことが合格につながったのだと思っております。

 

最後になりましたが、家族皆を可愛がっていただき、本当にありがとうございました。

棚岡先生の愛情に満ちあふれるご指導のおかげで、私たちは今、こんなにも幸せな時間を過ごすことが

できています。リトルバードで学んだ日々は、私たち家族の宝物です。

 

それから、一緒に頑張ってきたお仲間とは娘も仲良くして頂き、毎回楽しく授業を受けることができました。私もお母さま方には色々と教えて頂いたり助けてもらったりしながら、お互いに合格を喜び合えたことは

とても嬉しいことでした。

小学校受験を通して家族が一丸となったことで、より絆が強くなったとも感じています。

今は、喜びと共に、4月の入学を家族でとても楽しみにしています。

 

合格小学校名:白百合学園小学校・光塩女子学院初等科

 

受験を終え、改めて体験記を書くに当たり、振り返ると、子どもと仲良く向き合ったあっという間の

1年だったと思います。我が家にとってずっと以前より考えていた受験ではなく、

周りの情報から思いついた受験だったため、早くからの準備ができず、ちょうど年長クラスの始まる

11月からのスタートでした。

受験の間は、コツコツと教室の授業の復習を進めることで、理解が早く楽しそうな時期と、

少し飽きてしまいダラダラとした時期の繰り返しでした。

母親としては、冷静にならなければと思いながらも叱ってしまい、毎日落ち込んだりもしました。

夏休みを終えた頃、少しずつ安定してきて、それとともに、自分に自信がついたのか、

積極的に質問してきたり、模擬テストでも、プリントはもちろん、プリント以外の点数も上がってきました。

その時、改めて棚岡先生の「夏が過ぎて9月末頃に落ち着いてくるから、大丈夫!」というお話が本当だと思いました。

 

直前期は問題をガツガツさせるのではなく、椅子にきちんと座ってゆったりとした気持ちで取り組むよう心がけました。

勉強を「受験のためだけのテクニックだから」とか「競争だから仕方なく」などと後ろ向きに考えますと

学ぶことがますます辛くなるように思います。

子どもの発達段階に応じて備わるべきものを一足先に勉強していると考え、未来に続く貴重な成長のステップとして

希望に満ちた時間に変わるのではないでしょうか。

人気校、難関校の受験では、ともすると特定校専門をうたう塾や大手の塾に通うこと、また、たくさんの塾の掛け持ちを

することで「安心」してしまい、勉強への取り組みが間違った方向に向かってしまうことが多々あるように思います。

さらには、無用の情報に流されたり、必要以上に競争心・ライバル心をあおられて、かえって合格から遠ざかることにも

気をつけなければならないと思います。

一人ひとりの子どもの性格や特徴を理解してきめ細やかに指導していただける環境で、しっかりとした基礎力と応用力を

身につけること、そして、その中で、大手の情報をうまく取り入れて利用することが志望校合格への近道と実感しています。

 

その点、リトルバードでは、
①「少人数制のメリットを生かし一人ひとりに合わせたご指導をしていただける点」

②「リトルバードの授業だけで合格に必要な心の持ち方、特に意欲、けじめ、コミュニケーションの取り方など、
  全ての内容を身に付けて下さる点」そして、
③「プリントの質、量共に充実しているので、授業の復習をしっかりしていれば自然と合格レベルに達することが出来る点」
がとても素晴らしいと感じております。
勉強方法や、子どもの状態に少しでも不安があれば、棚岡先生は、いつでも、いつまでも親身に相談にのって下さいます。
初めての受験で、合格への道筋など全く分からない私どもは、先生方のアドバイスの通り素直に取り組むことを心がけました。
この苦しい時期、さまざまなきめ細かいアドバイスをくださり、知らず知らずの間に、合格へのレールに乗せてくださいました。
先生には感謝の気持ちでいっぱいです。
わずか1年余の受験準備で、念願の第一希望校に合格を頂けましたのも、リトルバードでのきめ細やかなご指導と、
アットホームな雰囲気の中、励まし合い支えて下さったお母様方のおかげと心より感謝いたしております。
本当にありがとうございました。

 

合格小学校名:成蹊小学校 さとえ学園小学校

年中の5月から総合クラス、1月からプリントレベルアップクラス・行動観察クラス、グループレッスン、
年長4月から暁星コースへ通いました。
4学年上の長女が受験の際もお世話になり、棚岡先生のご指導についていけばなんとかなるという
確信がありましたので、週3日の通塾も多すぎるとは感じておりませんでした。
国立小学校への受験が念頭にありましたが「抽選があり第一志望にするのは危険だから、
まずは私立で合格をもらって気持ちに余裕を持って国立に向かう方がよい。暁星コースで鍛えておけば
他の学校にも対応していける。」というお話をお聞きし最後まで暁星コースに通いました。

 

家庭では姉弟がおり、ゆっくり落ち着いて勉強する時間をとることが難しかったため、
姉弟の習い事の時間に二人でファーストフードで小一時間プリントをしたりと細切れでも一対一になれる
環境をつくってあげようと努力はしましたが全く不十分でしたので、グループレッスンや週末にまとめて
受講できたプリントレベルアップクラスと行動観察クラスは我が家にとって本当に有難くリトルバードで
なければ絶対に必要量のプリントはこなすことができず合格はできなかったと思っております。
夏休み以降「みんなより自分はプリントができない」という劣等感からモチベーションが下がってしまい
言動が乱暴になったりする時もありましたが、運動や工作は得意でしたので、そういった事も生活の中で
取り入れ息抜きとしてつかい乗り切りました。
私自身も間に合わないのではないかという焦燥感にかられ不安になるときもありましたが、
リトルバードの先生方がどんな状況の時も温かく私達親子を見守って下さり、先生としてではなく子供の受験を
経験した先輩として、さりげなく掛けてくださる言葉に何度も心が救われました。

 

リトルバードでは、ただプリント演習ばかりをするのではなく必ず運動や行動観察がセットです。
「プリントだけでは合格できない、新しいことには手を出さず復習だけをしてついてきてくれれば大丈夫」
という先生のお言葉通りに、授業内容だけを追いかけた結果として息子に合った学校にご縁をいただくことが
できました。二年後にまた次男の受験を迎えますが、またリトルバードの授業内容を信じて同じようについて
いきたいと思います。

 

春の入学式を心待ちにしながら幼稚園生活最後の時間を楽しく過ごすことができておりますのは、
リトルバードの先生方にお世話になったお陰です。
心より感謝申し上げます、ありがとうございました。

東京の当教室で学んだ生徒達の喜びの声をご覧ください

東京で私立受験対策として多くの生徒が当教室で学び、そして希望の学校へと合格しております。実際に生徒達が合格した学校を、年度別でご紹介しております。ご希望の私立小学校へチャレンジする際のご参考にして頂ければ幸いです。
ascendリトルバード幼児教室では、年長・年中・年少・プレ幼稚園クラスがございます。授業内容や担当の先生の事をより理解して頂くために体験授業もご用意しております。入塾をお考えの方は是非ご相談下さい。
お子様の実力や秘めた力を発揮してもらうために、ascendリトルバード幼児教室では生徒の個性を活かし、そして生徒自身のペースを大切に受験準備を行います。少人数制で授業を展開しておりますので、質問や相談がしやすい環境が整っています。

PAGETOP

  • 03-3237-7025(受付時間:10時〜19時)
  • メールでのお問い合わせ