ホーム > ブログ

2017/04/12

小学校受験、年長児の効果的な家庭学習方法とは?

 

それはリトルバード幼児教室の活かし方でもあります。教室での復習になります。

 

① 身につけていなければならない力と身につけている力に差があることに気がついていないことが
ありませんか?

 

ペーパーによる学習は正解だけを求める学習ではありません。
答えの出る過程を理解した子供、どうしてその答えになるのか理解している子供がか
ほしいのが入試です。成り立ちを聞いたり、言葉で説明させるのはそのためですが
なぜそんな子供がほしいのかというと入学後の学力に差が出るからなのです。

 

② 日頃から負の体験をしているでしょうか

 

小さな事に大きなショックを受けてしまう打たれ弱い子供が多くなりました。
ご両親が何でも先にしてしまう、特に間違った対策として、お母様に多く
見られるのですが、失敗させないようにとの母心からしてきたものでしょう。
失敗しても自分のことは自分でさせることは、失敗が失敗だけで終わらず
失敗した時にどうご両親が声をかけ、失敗を乗り越えてそれを成功体験に
繋げられるかということだと思います。

 

「ペーパー学習について」

 

ただ、プリントの量を増やせば良いのではありません。
リトルバード幼児教室のプリントも、もうそろそろ理解しているかと、理解力を
確認するために繰り返しプリントを変え理解する学習を積み重ねています。
ご自宅でも物の道理をきちんと説明させ理解させてください。
それにはご両親の表情、言い方、言葉掛けが大切です。それによりあとの
伸び方に大きな差が出てきます。
入試で求められている力は、答えを導き出すための力、柔軟な思考力、観察力、
語彙力や記憶力など入学後に授業で必要な力が備わっているかです。
具体的には入試でペーパーがない学校であっても具体物を使用した学習は必要で大切であると
いうことから、日頃から、知識の整理としてペーパー学習は必要です。
ペーパー学習は時間がかかります。親業は我慢であると、思ってください。

 

「ご家庭での効果的学習」

 

①アドバイスは全部は言わない

 

最後は子供に気づかせ、話をさせるアドバイスに留めてください。
「これはこうなるのよ。わかった?うん。」では、子供は理解していません。話をさせる事で
些細な間違いなのか、どこがわからないのかがわかります。説明が自分で出来た時、最後に
「どうしてわかったの?すごい!」をつけてください。
それが自分は出来るという認識になるのです。それでもわからない時は、今は無理でも繰り返し、
説明していくと、秋ごろには、急に理解することがよくありますので、心配しないでください。

 

②自宅でカードゲームをたくさんしてください

 

トランプ、オセロ、ドドノッパでも良いのです。
問題として、偶然性のものがあったり、数の違いや、数の合成、数の増減やまた、負けても
我慢の経験ができるのです。
この経験が、出来た→好き→得意と変わっていきます。

 

③自分で問題を作らせる

 

記憶、なぞなぞ、しりとりなど作ることでどんなことを出題者が考えいるか予想が
つくようになります。子供たちは楽しんで作りますので、面倒臭がらずにぜひ
付き合ってあげてください。

 

④身の回りのものをできるだけ学習に活用したり、日常で使うものを使わせる

 

折り紙は手先の巧緻性としてもちろんのこと、新聞紙を大きな折り紙にしたり、丸めて剣にしたり、
ハサミを使わずに割いてみましょう。その他には、新聞紙でピクニックに必要なものもセロテープで
立体的に作ってみてください。また、ジプロックを使わせたり、スナップ留めやボルトやナットを
留めてみましょう。クリップや輪ゴムも生活の中でどんどん使いましょう。

 

⑤日頃から上手に言葉がけをしよう

 

〜しなさいは聞き飽きて、聞き流すようになります。怒られ慣れるのも同じです。
そのうちに言われないとしないようになるのです。大切なことは自分から、「しよう」「したい」
と思う気持ちをいかに身につけさせることができるかだと思います。子供の機嫌をとるのではなく、
これをやったら今日はおしまいなど約束を守りながら、メリハリのある学習習慣を心がけて
ください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017/04/11

小学校受験を考える年少、年中、年長の保護者の方へ ②

前回の①でまだ、受験をどうするか悩んでいらっしゃるご家庭に少しばかり、アドバイスを
させていただきました。

 

今回はその追加として、小学校受験を考えているご家庭の参考になればと思います。
その学校を知るには、私立小学校の説明会に是非参加してくださいとお伝えしました。
その時にぜひ、事前に考えてから、説明会に臨んでほしいと思います。

 

家庭教育の考え方
どちらの学校もご家庭の教育方針と学校の方針が合致するご家庭を求めています。
いろいろなところでよく聞くお話だと思いますが、一番大切なことなのです。
学校の教育方針をご両親二人がしっかり捉え、志望校選びをする、そして、子供の将来の夢を
語り「どう育てたいか」という思いの中で学校と共通したものを探してほしいと思います。
数多く面接をしていると、第一志望かどうかがわかるとのお話です。子供にそれほど差がない時、
面接はなかなか侮れないものになるのです。

 

まだ余裕のある年少児、年中児のご家庭へ
「賢い子供が育つ家庭環境を整えてください」

 

それは賢くなる生活環境が必要です。それには子育てをしている保護者が賢くなる必要が
あります 。

 

「例」スポーツ選手 ・・・一人ではなくコーチの存在があります
             そして、それにはコーチの力量が重要です

 

子供はご両親を模倣します。テレビは一方通行であり、見ている人に言葉を選んでいません。
言葉は年齢とともに少しずつは増えていきますが、年齢に応じた語彙力、言葉を身につける
必要があります。そのためにご両親は子供に手をかけなければならないのです。
受容「受け入れ取り込むこと」される環境が整っていることが、賢い子供が育つ環境を
作ります。

 

まずは、親の役割を認識してください。
毎日を意識するのとしないのとではかなり違ってきます。
それは子供の成長は指示をするのではなく、お手本を示し、その環境を生活の中に作り、
この環境の中に子供を置くことです。

 

子育ては失敗の繰り返しです。年齢に応じた結果があります。そして失敗は必要であり、
子供の失敗を受け入れる余裕が保護者になければならないのです。

 

今が子育てが一番大変で忙しいと思っていることでしょう。本当に大変なのは
これからなのですが、それも含めて、損得なく、可愛がれるのは今のうちだけなのです。
あと10年もすれば一緒に腕を組んで歩けなくなります。

 

さぁ、今のうちにしっかりと手をかけ子育てを楽しんでください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017/04/11

小学校受験を考える年少、年中のお子様を持つ保護者の方へ ①

(さらに…)

2017/03/24

東洋英和女学院小学部を受験する方へ

いよいよ4月が近づき、本格的に取り組む時期になりました。

 

東洋英和の試験の詳しい情報は、先日の第1回入試説明会でお話ししましたが、

注意をすべき要点をまとめてみたいと思います。

 

募集人数      80名 「うち内進生30名」

志願者数      513名       受験者数   未公表           定員   50名

単に志願者で割ると倍率は、と10,.2倍ですが、受験者数の公表がありません。

また、実際はどの学校でも、入学をしない方もいるため、定員以上の合格者を

出しているのが実情です。

 

そのため、予想の倍率より実際はもっと低いので、恐れず受験していただきたいと

思います。

 

面接         面接のみ月齢順、4月生まれ〜3月生まれ

試験の順番は異なる

試験前の10月に行う、面接重視、日程変更不可、幼稚園の運動会があっても

それを理由に変更は出来ない

質問時に見ているのは子どもの顔つき、目を見て話しているかどうか

「行っていないのに、両親が作った話をしても、子どもの表情を見

読み取っている」

 

合格発表     手渡し       補欠合格者あり「番号はなし」

 

アンケート      B6サイズの小さな用紙に2問

父母記入、面接の前に書く、約20分、下書きを持って行っても可

 

 

父親ーーお父さんの帰宅時間、週のうちどのくらい夕食を家族と食べるか

書きたいことを記入「出身校、勤務先、特技、ボランティアなど」

 

母親ーー生活のリズムで気になっていること、食事で気をつけること

「マナーや好き嫌いなど」、子どもの寝る時間、起きる時間

書きたいことを記入「出身校、勤務先、特技、ボランティアなど」

 

卒業生など関係者は多いが、関係者でなくても十分チャレンジできる

宗教色は強く、礼拝を大切にしている。アットホームな学校。

 

ペーパー         鉛筆使用、訂正方法  ギザギザ、発問方法は口頭

 

今までは基本的な問題が多くリズム運動もあまり重視していない様でしたが、

最近は出題の分野が広がり、指示行動が増えてきた。

 

・    数の増減、分割

問題自体は易しいが、一問ずつ問題が違うので、切り替えが必要

10までの数で対応

・推理、思考

四つ折りの折り紙、線対称

使わない積み木を選ぶ

・   回転図形、図形系列

・  一音一文字            よく出題される

・結べる紐

・ 運筆                       スピードではなく、丁寧さを見る

終わっていなくても良い

・位置の移動

 

指示行動

①スキップ

グループにより異なり、リトミックによる運動能力を見る

「 例」  スキップ+手拍子

スキップ+両手上げ下げ、その場片足バランス

その場で気をつけ

●   協応動作「スキップと他の動作の指示をくわえて見られる」

 

⓶箸つかみ        空のお椀1、そら豆大の豆の入ったお椀1、塗り箸

ちゃぶ台で作業をする、やる子は正座で行う

待つ子は体操座りで待つ

お箸をしっかり使えるか、待っている子の姿勢を見られる

自由遊び       グループ4~5名

用意されているものでお友達と相談して何を作るか決める

手先の器用さを見る、集中して遊べるかが大切

 

課題制作、発表      1グループ4~5名

生きているものを作る

人数より少ない道具でお友達との貸し借りの様子を見る

 

発表         なにをつくったか

その生き物はどこに住んでいるのか

何を食べているのか

何をしているところか    など

 

発表の仕方も見ているが、ほかのお友達「24名くらい」が発表している間

しっかり待てるか

 

「家庭対策」

●基礎をしっかり行い、短い時間の中で、1つずつ設問が違ってもしっかり聞き逃しを

しない様にする

●少しずつ分野も広がり、推理、思考の応用問題も出る様になったことより、傾向を知ること

●手先を使う練習を多くして、作業能力を高める

●運動能力を高め、指示をよく聞いて動ける様にする

●毎日の挨拶、言葉遣いを注意して、日常生活の中で年齢相応のことを身につける

 

ペーパーばかりやる必要はありません。ペーパーは基本を大切にして、その上で応用をやりましょう。

生活力など毎日の生活の中で続けられることがたくさんあります。

毎日、繰り返すことでできる様になりますが、早くできる子、ゆっくりできるようになる子

など個人差があることを自覚してください。試験当日までに追いつけば良いのです。

お子さまとしっかりと向き合い、入学後の楽しいことを話し合いながらしっかり遊ばせ、

遊びの中での習慣性をつけていきましょう。遊んだら、片付けなさいと言わなくても

自分からできる様になると良いですね。

 

さぁ、4月より「豊明・英和・聖心コース」が始まります。一緒に合格を目指しましょう。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/03/20

私立幼稚園、小学校受験の父親の役割

私立幼稚園、または小学校受験は親の受験とも言われます。
子供の受験におけるご両親の役割は、今、ご両親が考えているより、ずっと
重要で、大きな割合を占めます。
お父さまにおいては、責任ある仕事をなさっていて、忙しい毎日をおくっていらっしゃると
思いますので、子どもの受験ばかり考えてばかりはいられないと思います。
日頃、気になりながらも、どの様に関われば良いのか、わからないまま、時間だけが
過ぎている場合も多いでしょう。
中には、はっきり反対をする場合もあるでしょうし、反対はしない、やりたければやれば良いと
母親に全てを任せてしまっている場合もあります。
反対はしないけれど、自分は関わらないで合格するなど受験は甘いものではありません。
ご両親で、足並みをそろえて、取り組まなければ、合格はいただけないのです。

 

リトルバード幼児教室は3回の入試説明会を通して、また、毎回の授業の後、さらに
各自の面談の時にお父さまの受験での関わり方を具体的にお話をさせていただいています。
幼稚園受験、小学校受験がなければ、どんなおとなになって欲しいのか、
そのためにどの様な環境で、どの様に成長させて見守っていけば良いのかを改めて、
考える機会がなかったでしょう。
小学校受験は、小学校へ入るまでの子育ての総決算と言われます。

 

硬く考えなくても良いのですが、お父さまがお母さまだけに任せずに、一緒に
子育てに参加して、お母さまの悩みを一緒に解決するだけでも良いのです。
その上で、志望する幼稚園、小学校はどの様なご家庭、どの様なお父さまを求めて
いるのかを学んでいただきたいと思います。

 

ご家庭で、お父さまのできることがあります。
その上で、お母さまのできること、またお父さまのできることを理解していただき、
それぞれの役割を考えていただきたいと思います。

 

具体的には、お母さまの代わりに、幼児教室の送り迎えも良いでしょう。
時々お会いすることで、教師の考え方や、ご両親の思っていることなど、
理解できることも多いと思います。直接、お父さまの疑問をぶつけてくださると
明確なお返事をすることができますので、なんでもご相談ください。
また、運動や外遊び、公園にたまに行ったり、自転車に乗りに行ったり、ストレスを
発散させてあげる役目も良いでしょう。
1番の役目はお母さまの相談相手です。聞いてあげるだけで良いのです。

 

その上で、私立の幼稚園、小学校の特殊性をご理解いただいて、お父さまが
リードしながら受験を乗り切っていただきたいと思います。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

PAGETOP

  • 03-3237-7025(受付時間:10時〜19時)
  • メールでのお問い合わせ