ホーム > ブログ

2017/03/24

東洋英和女学院小学部を受験する方へ

いよいよ4月が近づき、本格的に取り組む時期になりました。

 

東洋英和の試験の詳しい情報は、先日の第1回入試説明会でお話ししましたが、

注意をすべき要点をまとめてみたいと思います。

 

募集人数      80名 「うち内進生30名」

志願者数      513名       受験者数   未公表           定員   50名

単に志願者で割ると倍率は、と10,.2倍ですが、受験者数の公表がありません。

また、実際はどの学校でも、入学をしない方もいるため、定員以上の合格者を

出しているのが実情です。

 

そのため、予想の倍率より実際はもっと低いので、恐れず受験していただきたいと

思います。

 

面接         面接のみ月齢順、4月生まれ〜3月生まれ

試験の順番は異なる

試験前の10月に行う、面接重視、日程変更不可、幼稚園の運動会があっても

それを理由に変更は出来ない

質問時に見ているのは子どもの顔つき、目を見て話しているかどうか

「行っていないのに、両親が作った話をしても、子どもの表情を見

読み取っている」

 

合格発表     手渡し       補欠合格者あり「番号はなし」

 

アンケート      B6サイズの小さな用紙に2問

父母記入、面接の前に書く、約20分、下書きを持って行っても可

 

 

父親ーーお父さんの帰宅時間、週のうちどのくらい夕食を家族と食べるか

書きたいことを記入「出身校、勤務先、特技、ボランティアなど」

 

母親ーー生活のリズムで気になっていること、食事で気をつけること

「マナーや好き嫌いなど」、子どもの寝る時間、起きる時間

書きたいことを記入「出身校、勤務先、特技、ボランティアなど」

 

卒業生など関係者は多いが、関係者でなくても十分チャレンジできる

宗教色は強く、礼拝を大切にしている。アットホームな学校。

 

ペーパー         鉛筆使用、訂正方法  ギザギザ、発問方法は口頭

 

今までは基本的な問題が多くリズム運動もあまり重視していない様でしたが、

最近は出題の分野が広がり、指示行動が増えてきた。

 

・    数の増減、分割

問題自体は易しいが、一問ずつ問題が違うので、切り替えが必要

10までの数で対応

・推理、思考

四つ折りの折り紙、線対称

使わない積み木を選ぶ

・   回転図形、図形系列

・  一音一文字            よく出題される

・結べる紐

・ 運筆                       スピードではなく、丁寧さを見る

終わっていなくても良い

・位置の移動

 

指示行動

①スキップ

グループにより異なり、リトミックによる運動能力を見る

「 例」  スキップ+手拍子

スキップ+両手上げ下げ、その場片足バランス

その場で気をつけ

●   協応動作「スキップと他の動作の指示をくわえて見られる」

 

⓶箸つかみ        空のお椀1、そら豆大の豆の入ったお椀1、塗り箸

ちゃぶ台で作業をする、やる子は正座で行う

待つ子は体操座りで待つ

お箸をしっかり使えるか、待っている子の姿勢を見られる

自由遊び       グループ4~5名

用意されているものでお友達と相談して何を作るか決める

手先の器用さを見る、集中して遊べるかが大切

 

課題制作、発表      1グループ4~5名

生きているものを作る

人数より少ない道具でお友達との貸し借りの様子を見る

 

発表         なにをつくったか

その生き物はどこに住んでいるのか

何を食べているのか

何をしているところか    など

 

発表の仕方も見ているが、ほかのお友達「24名くらい」が発表している間

しっかり待てるか

 

「家庭対策」

●基礎をしっかり行い、短い時間の中で、1つずつ設問が違ってもしっかり聞き逃しを

しない様にする

●少しずつ分野も広がり、推理、思考の応用問題も出る様になったことより、傾向を知ること

●手先を使う練習を多くして、作業能力を高める

●運動能力を高め、指示をよく聞いて動ける様にする

●毎日の挨拶、言葉遣いを注意して、日常生活の中で年齢相応のことを身につける

 

ペーパーばかりやる必要はありません。ペーパーは基本を大切にして、その上で応用をやりましょう。

生活力など毎日の生活の中で続けられることがたくさんあります。

毎日、繰り返すことでできる様になりますが、早くできる子、ゆっくりできるようになる子

など個人差があることを自覚してください。試験当日までに追いつけば良いのです。

お子さまとしっかりと向き合い、入学後の楽しいことを話し合いながらしっかり遊ばせ、

遊びの中での習慣性をつけていきましょう。遊んだら、片付けなさいと言わなくても

自分からできる様になると良いですね。

 

さぁ、4月より「豊明・英和・聖心コース」が始まります。一緒に合格を目指しましょう。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/03/20

私立幼稚園、小学校受験の父親の役割

私立幼稚園、または小学校受験は親の受験とも言われます。
子供の受験におけるご両親の役割は、今、ご両親が考えているより、ずっと
重要で、大きな割合を占めます。
お父さまにおいては、責任ある仕事をなさっていて、忙しい毎日をおくっていらっしゃると
思いますので、子どもの受験ばかり考えてばかりはいられないと思います。
日頃、気になりながらも、どの様に関われば良いのか、わからないまま、時間だけが
過ぎている場合も多いでしょう。
中には、はっきり反対をする場合もあるでしょうし、反対はしない、やりたければやれば良いと
母親に全てを任せてしまっている場合もあります。
反対はしないけれど、自分は関わらないで合格するなど受験は甘いものではありません。
ご両親で、足並みをそろえて、取り組まなければ、合格はいただけないのです。

 

リトルバード幼児教室は3回の入試説明会を通して、また、毎回の授業の後、さらに
各自の面談の時にお父さまの受験での関わり方を具体的にお話をさせていただいています。
幼稚園受験、小学校受験がなければ、どんなおとなになって欲しいのか、
そのためにどの様な環境で、どの様に成長させて見守っていけば良いのかを改めて、
考える機会がなかったでしょう。
小学校受験は、小学校へ入るまでの子育ての総決算と言われます。

 

硬く考えなくても良いのですが、お父さまがお母さまだけに任せずに、一緒に
子育てに参加して、お母さまの悩みを一緒に解決するだけでも良いのです。
その上で、志望する幼稚園、小学校はどの様なご家庭、どの様なお父さまを求めて
いるのかを学んでいただきたいと思います。

 

ご家庭で、お父さまのできることがあります。
その上で、お母さまのできること、またお父さまのできることを理解していただき、
それぞれの役割を考えていただきたいと思います。

 

具体的には、お母さまの代わりに、幼児教室の送り迎えも良いでしょう。
時々お会いすることで、教師の考え方や、ご両親の思っていることなど、
理解できることも多いと思います。直接、お父さまの疑問をぶつけてくださると
明確なお返事をすることができますので、なんでもご相談ください。
また、運動や外遊び、公園にたまに行ったり、自転車に乗りに行ったり、ストレスを
発散させてあげる役目も良いでしょう。
1番の役目はお母さまの相談相手です。聞いてあげるだけで良いのです。

 

その上で、私立の幼稚園、小学校の特殊性をご理解いただいて、お父さまが
リードしながら受験を乗り切っていただきたいと思います。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017/03/19

暁星小学校受験の方へ 平成30年度生受験内容の変更

暁星小学校を今秋受験の方、平成30年度生の受験内容に大幅な変更がありました。

 

1日目 知能テスト+運動テスト

 

2日目 生活テスト「両親面接含む」

 

今まで一次考査は知能テストだけでしたが、運動テストが加わりました。
これは何を意味するのでしょう。
9月の説明会で詳しい説明があるようですが、運動の力がない方が思ったより多く入り、
授業で差し障りが出てきたのでしょうか?
または、一次の考査をプリントの知能テストだけでなく、より細かく、お子さまの体力や自分で
自分の力を調節できる力や、指示を聞く力があるかを事前に見たいのかもしれません。
指示を聞く力があるかないかは、今後の伸びる力にも現れてきます。
いずれにしても、興味のある方は、年少、年中、年長に関わらず、ぜひ9月の説明会に
参加していただき学校の趣旨をお聞きになってください。

 

リトルバード幼児教室は小学校受験のための体操に力を入れています。

 

これは基礎的な運動の力をつけるだけではありません。体幹を鍛え、学校に通う体力を
つけるだけでなく、指示をきちんと聞いて、次に何をしたら良いか、いつも周りに
アンテナを張っていられる子どもを目指していきます。
暁星小学校の運動は今まではどの様な運動能力が求められているか、毎年の過去問で
よくわかります。受験体操クラスで今まで以上に繰り返し練習していきます。

 

その他に、最近注意していきたいのが、1つの動作をしながら、同時に他の動作を加える協応動作です。
考えながら自分の体を動かせるかどうかなどリトミックによる運動能力です。
具体的には、スキップをしながら手拍子をしたり、両手の上げ下げをしたりします。

 

上手な子供ばかりが良いわけではありません。
まだ、あまり上手な動きでなくても、健気に一生懸命頑張れる子どもが、好感が持てます。
それは、指示待ちでなく、間違えたら一生懸命やり直す子どもです。
リトルバード幼児教室の受験体操のクラスは男性の教師です。機敏にメリハリのある
動作を心がけながら、一回しかない動作でも、一生懸命頑張る子どもにしていきます。
今回の暁星小学校の受験内容の変更に注意を払いながら、今までと同様に
受験内容に変更があっても対応できる力をつけていきます。

 

一度ぜひ、受験体操のクラスを体験してみてください。

 

>◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017/03/16

暁星小学校日曜コース 4月開講

 
さぁ、4月からいよいよ新学期です。
新しい学年となり、今までの新年長、新年中、新年少の言い方から、年長クラス、
年中クラス、年少クラスとなります。
リトルバード幼児教室はいよいよ学校別コースが始まります。
具体物を使っての基礎のクラスは卒業です。とは言っても、まだまだ完全では
ありません。復習を繰り返しながら、応用、発展に進んでいきたいと思います。

 

リトルバード幼児教室の暁星コースの特徴は暁星木曜コースと働いているお母さまの
ために、暁星日曜日コースがあります。

 

また、木曜日クラスは選抜コースともう1つ木曜暁星コースを設けますが、その年により、
成績により、コースを1つにするときもあります。
2つになったときも、1ヶ月ずつのテストの成績などで選抜コースに入れるようにしていきます。
7月までには、ほぼ全員が同じくらいのレベルで同じコースで授業を受けられるように
持ち上げていきたいと思います。その代わり、付いてきてください。
日曜日のコースは選抜は作りませんが、教える教師は木曜日と同じ教師ですので、
心配なことはありません。

 

振替は木曜日のコースは日曜日に振り替えできます。日曜日のコースはお子さまにより
変わりますが、木曜日への振替は通常の暁星コースになります。

 

男子だけのコースになりますので、当然、取りかかりの態度やけじめがつけられないときは、
きちんと叱ります。できないからといって叱られることは、絶対ありませんが、
お友達の邪魔をしたときは、真剣に取り組めるようにしっかり注意します。

 

最後は、集団行動や運動、ゲームなどでストレス発散を含めて、次も頑張るぞと
思える終わり方をして、次に続けたいと思います。
プリントは多く、約30枚、宿題も30枚用意していますので、段階を経ながら
しっかり復習をしていけばかなりの実力がつくようになっています。
時間も意識出来るように、声かけをしていきますので最終的には、短い時間の中で答える
解答力がついてきます。

 

8月までは、がむしゃらに取り組んでいただきますが、9月になると総復習になります。
今までバラバラだった知識や考え方が、繰り返し経験させ、言い回しを変えたり、
聞き方を変えても理解できるようにしていくと繋がっていき、9月の終わり頃に
やっと定着して、自信が持てるようになってきます。難問ばかりをやる必要はありません。

 

みんなが取れるものを落とさないようにしていくことが合格に繋がる1番の
近道なのです。2次対策も一緒にしていきます。包む、紐を通す、結ぶ、豆つかみ、
スモックの脱ぎ着、たたみなどの生活巧緻をはじめ、最近はちぎる、描く、塗る、模写や
のり貼り、セロテープ留めなどの巧緻性もよく出るようになりましたが
入学前に出来て当たり前のことは仕上げていきます。

 

暁星日曜日コースも同様で働いていて、時間の取れないお母さまの強い味方となっています。

 

ダブルで塾に行く必要はありません。願書添削、面接練習もお任せください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/03/15

立教小学校受験をする方へ 2016年秋の入試の聞き取り

試験1日目

 

父兄の待つ時間約110分

① 一列6人で10列あった
⓶ 両親が子供にゼッケンをつける
⓷ 6年生が迎えに来て一列ずつ移動していく

 

「ガリバーの話」
20人でお部屋で一斉にお話を聞く。そのあと、2人ずつ、パーテーションで仕切られた
教室に移動して質問される。
・お話の順番を聞かれ、カードで並べる
・お話の内容を聞かれる

 

「山登りの話」
ぞう、ヤギ、ハリネズミが山登りする話
・3人ずつで質問される
・ヤギは何が嫌いでしたか・・・山登り

「最後にDVDを見る」
待ち時間の調整のため、採点には関係ないようだ

 

試験2日目

両親の待ち時間約100分

 

個別
3人ずつで行われる。一つの教室で、パーテーションで仕切られている

 

・じゃんけんゲーム
たぬきさんときつねさんがじゃんけんをします
チョキで2つ進み、グーで1つ進み、パーは5つ進みます。

 

プリントにたぬきさんときつねさんが書いてある
下にジャンケンの様子が書いてある。それを見ながら、自分でコマを進めていく

 

・鏡図形
碁盤に黒白のおはじきが置いてあり、それが鏡に映るとどうなるかを紙に描く

ブロックが積んであり、これが鏡に映るとどのようになるかを紙に描く

ーー最後に先生が答えを教えてくれたーー

 

「行動観察」
・歌・・・「アイアイ」
4人で1組、5組で体育館で行われた
・模倣体操 曲はわからず
1回目 DVDで映された先生と同じように踊る
2回目 子供達だけで踊る

 

・運動
4人ずつ走る

 

「立教小学校の考え方」

 

・受験のための準備は家庭を主体と考える
・普通の年齢相応の経験や、当然の知識、常識、マナー、しつけをもとに
家庭で触れ合う中で、培われたものが大切である
・やらされていると感じないて物事に取り組めるようにする
自分で目標を持って努力する向上心がないと中学に入ってから苦労する
小学校のうちに自分で工夫する力、頑張る力を育てる
・子育てにも工夫が必要である
核家族が増え、少子化になり、過干渉のおかあさまがふえたこともあり、子供が1人で
状況判断する機会が減った。取り巻く環境が変わったら、それを受け入れて、子育てを
工夫することが必要である。
・きちんと子育てをしているご家庭の子供が欲しい。
家庭教育なくして、学校教育はありえない。それぞれのご家庭の信念を持って
子育てをしているご家庭の子供が欲しい。
・面接は直感的なものを重視する。両親面接で校長、教頭、事務長の3人で行う。
・合否は原則として、子供の成績で決まる。同点の時は、保護者の評価も影響する。
・ペーパーテストがないので、集団行動や制作、あるいは、教師との一問一答を通じて
その子の資質や能力を推し量るだけでなく、後ろにあるご家庭を見たい。
質問に対して、自分で考え、自分の言葉で説明するような質問にきちんと表現
できるかを見たい。
・試験に立ち会い、採点する教師は、教える立場からの視点で評価する。
伸びそうな子、磨けば光りそうだ、教えやすいなど。
・説明会、催し物にに何度も参加して、準備をしてこの学校しかないと思うご家庭を
望んでいる。

 

さぁ、学校のお考え方がお分かりになりましたか?立教小学校だけではなく、どちらの
学校でも同じ思いであると思います。改めて、学校の研究をしてください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

PAGETOP

  • 03-3237-7025(受付時間:10時〜19時)
  • メールでのお問い合わせ