ホーム > ブログ >

2017/03/09

小学校受験で合格する子とは?

 

私語をせず、みだりに騒がず、教員「おとな」には敬意を払い、時間を守り、忘れ物をせず、

言われたルールを守ろうとする子です。

 

つまり

 

当たり前のしつけがきちんと出来ていて落ち着いた態度の取れる子どもです。

 

ご両親が、ご家庭の教育理念の中で、しつけをして、子どもとしっかり関わり、様々な文化に

触れさせ、身近なところでも経験を多くさせることで、何が面白い、何が楽しいかを繰り返し、

伝えてください。そのうちに、子ども自身が面白さを知り、気づき、自分から

楽しみを得ようとしてきます。小学校受験は、学校に入学してからスムーズに学校生活が

送れる子どもという観点で選んでいると思いますが、それに加えて、

 

子どもらしい素直さ、教えたら素直に取り入れていける純粋さや生き生きとした子どもらしい発想力を

求められていると言っても過言ではありません。

 

ご両親と接したり、他のお子さまとか変わることなどいろいろな経験の中で、社会にはルールがあり、

お互いに譲り合って成り立っていることをご両親が、お手本になって生活することでお子さまは

少しずつ理解できると思います。

 

小学校受験で合格できる子どもを目指して、リトルバード幼児教室で一緒に頑張りましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/03/03

小学校受験における母親講座

 

例外はありますが、学校によってはご両親の面接の占める割合が約5割という小学校受験の

現状があります。

ところが、まだまだ、子供だけが良い成績ならば、合格をすると思っているご両親が、

案外多くいらっしゃいます。

 

特に、いつもお子さまと一緒にいらっしゃるお母様に多く見かけられます。

多くのお母さまは合格するために子供の成績を上げるためには一生懸命ですが、自分自身を

見直す必要があることに気がついていないのです。お母さまの様子で、ご家庭での子供との

接し方、しつけの様子、これから始まる学校への協力の様子などが分かるようです。

 

子供がどんなに頑張っても、ご両親が、一緒に頑張らないと合格はいただけないことは、

よくあるのです。残念な結果にならないためには、ご両親、特にお母さまに母親としての

お勉強をしていただくために、日頃より、説明会や、面談、母親講座を行っています。

 

その結果、ご両親、お母さまを通して、ご家庭と教室で協力し合い、素晴らしい合格率に

つながっているのです。

賢いお母さま方が、お子さまに負けずに謙虚に教室のアドバイスに耳を傾け、学校を

研究して、勉強をしてくださる時、そのお子さまは、合格しています。

 

特に両親面接で、学校がどんなご両親が見極めています。

学校が特に見ているのは、ご両親がどんな考え方をしているのか、日頃からどんな日常を

送られているのか、そのお考えをもとにどのようにお子さんと接しているかなどを通して

一緒に学校と同じ方向を見て、学校と一緒に歩いていけるご家庭を求めています。

 

入学するためだけの学校の研究ではなく、その学校の保護者としての自覚を持つために

どのような学校なのか研究して欲しいと思います。

 

入試説明会は一年で、3回、今家庭でしなければならないこと、日頃から出来ることなど、

それぞれの学年のお話をしています。その他に、個人面談を随時行っています。

今年は特に、母親講座を充実して、お母さま方の相談に乗ったり、どの様な学校なのかなど

アドバイスをしっかりできる機会を増やしていきたいと思っています。

 

日常的な質問、また進路相談などなんでもご相談ください。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/02/07

目の輝いている子ってどんな子?

 

学校説明会でよく聞かれる言葉に「目の輝いている子」という言葉が出てきます。

皆さんの理解している「目の輝いている子」はどんな子どものことを言うのでしょう。

 

一般的には、元気なお子さまでも、おとなしいお子さまでも良いのです。

先生が、教えていることに、興味を示す様子や、一つのことに夢中になっている様子が

伝わってくるお子さまは、目がキラキラと輝いていて、入学後も興味を持って

取り組めると思われるのだと思います。

 

具体的には、行動観察のときに、積極的に「先生、これはこうかな?」とか、どんどん

質問したり、「やってもいい?」どんどん自分から積極的に、やらせてという気持ちで

取り組めるお子さまは、取る学校にとっては好印象で欲しい子どもだと思います。

自己主張の強い、何でも良くできる生意気な子どもではありません。

屈託のない、喜怒哀楽のある、特に笑顔のある子どもらしい子どもです。

 

落ち着きのあるお子さまと我慢をさせられているお子さまとは、違います。

大人と違い、その辺が難しいのですが、案外、見ているとわかるものです。

結構できるお子さまで、ご自宅では元気なのに、教室やテストのときに、表情があまりなく、

淡々としているお子さまは、皆さんが思っているより、合格できない場合が

あります。やらされてきたという気持ちが、「目が輝いていない」ととらえられて

しまうのでしょう。

 

もちろん、月齢に応じた我慢は必要です。

集団行動の中の、お友達との協調性を見る問題では、自己中心的ではなく、譲ったり、

我慢が必要な場面も出てきます。

それとは違う、ご両親がお子さまに無理強いしてしまったことからの「我慢」に

注意していかなければならないのです。

教室でも、お母様のいうお子さまと教師の理解しているお子さまがちがうことが、

あります。なかなか、すぐには性格は変わらないのですが、接し方によって

少しずつ変わっていくこともあります。

変わらない場合は、その様子を見ながら、受験校も考えていかなければいけません。

 

どちらの学校も求めているお子さまは、根底では一緒だと思います。

ただ、その見分け方が、テストの方法で少しずつ違うのです。

取りかかりの様子や、集団行動だけではまだまだ、お子さまの良いところを

見つけられないそうです。たまたま、そのお子さまの良いところを

タイミングよく、見ていただいたお子さまは、合格できる場合もあります。

反対に、いろいろなことがきちんと出来て、それを見つけていただける問題だったら

良いのですが、差をつけられず、その他大勢の中に、良いところがうもれて

見せられないお子さまもいます。学校も良いお子さまを欲しいのですが、見分けるのに

苦労しているお話ですが、そのために知育の分野も無くせないようです。

 

小学校受験の準備において、ご家庭でも、ご家庭でも楽しみながら、自分から物事に

積極的に取り組む力を育むには、ご両親の姿勢が大きく影響してきます。

小学校受験は、ご両親がお子さまの将来を見据えて、より良い教育環境を求めて

するものだと思います。

それは、何ものにもかえがたい愛情からくるものでしょう。

 

その愛情を間違えず、きちんと親子の信頼関係を築くことが、一番大切なことなのです。

 

それは、間違えても、叱ってばかりではなく、どうしたら良いかを一緒に考えてくれるご両親が

そばにいつもいるという安心感から生まれます。

 

褒めたり、応援したり—お子さまと受験準備をする毎日は、ジェットコースターに乗っているような

気持ちの毎日で、怒りすぎたことに自己嫌悪する毎日でしょう。

真剣に向き合えば、皆さん、悩みは一緒です。

気持ちの揺れを上手に操りながら信頼関係を築き、キラキラした本当の輝く目をした子にしていきましょう。

教室でもお子さまをご家庭と一緒に応援していきます。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/01/17

小学校受験年長児クラスの最近の成長と誤った受験勉強の進め方

 

①現在、「観察力」「思考力」を具体物中心の総合クラスで育てています。

 

間違うお子様もいますが、間違いに素直に向き合えるお子様が増えてきました。

  間違えたことに、素直に人の話を聞き、直そうとする素直なお子様が伸びていきます。

 

➁「見る」「聞く」「経験」することにより、好奇心を育て、体験を多くすることにより、
  自分で考える機会を多く作っていきます。

 

  教師の間違いに疑問を持ったり、自分の意見を少しずつ、まとめられるようになって
  きたようです。

 

➂今まで以上に一人ひとりに声をかけて、周りにいつもアンテナを張り、「今、何を
   したらいいのか」を考えさせて、「発表する力」をつけ、自分も参加している意識を
   持たせていきます。

 

   時々いたずらしているお子様は、急に指されてびっくりしますが、それでも聞いていて、
   答えられるお子様にはびっくりします。
   本当にボーとしているお子様には、こら!と言いますが。

 

授業をする教室は
                    1、「あ〜、そうか」と気づく   「発見の場」
                    2、「出来たよー」という        「達成の場」
                    3、自分の言葉でみんなの前で伝える  「発表の場」でありたいと思います。

 

4月からの授業に向けて

 

                    教室では、まだまだ難しい問題はやってはいませんが、宿題や市販の問題集の
                    ご紹介を含め、基礎は3月までに大体終了したということで進めていきます。
                   ご注意していただきたいのは、ペーパーだけやっていて満足している場合です。
                    そして、もう一つには、第一志望だけしか目に入らず、他の学校に注意を
                   向けない場合です。
                    ペーパーをやることはお母様がお仕事を持っている場合は、ご自宅でやるには
                   やりやすいのですが、ペーパーだけで入れる学校はほとんどありません。
                   第一志望や、次の志望校の内容を見ながら、どんなお子様を望んでいて、どんな
                   ことを日頃から、経験させていけば良いかを考えましょう。

 

                   ①本の読み聞かせによる言語発表
                   ➁絵画、制作          型にはまったものではなく、個性が表現できるか
                                              描いたり、作ったりしたものはしばらくは飾って
                                              あげましょう。
                   ➂ 自由遊びや行動観察における友達との関わり       ふざけず、工夫した遊びが
                      積極的にできるか
                   ④運動       基礎的な運動を指示通りできるか
                                   取り組む意欲、諦めない態度、待つ態度ー1番大切なものです
                                「 模倣体操  」       集中力、情報の処理という面で最近は多くの学校で
                                   で出ています。
                   ➄生活巧緻
                              「   毎日の中でのお手伝い、両手を使った作業  」
                                   脱ぐ、着る、たたむ、しまう、絞る、干す、紐を通す 、ちょう結び
                                  切る、貼る、塗る、丸める、クリップ留め、輪ゴムつなぎ
                                  靴下たたみ、靴そろえ、お弁当包み など

 

       さぁ、ご自宅でできることが見えてきたはずです。

 

       同様に、第一志望を早めに決めようと言いながら、第二志望もということについて。
       過去問はあくまで今までのものです。傾向を知る一つには良いのですが、他の学校で
       出たものもあるのです。各学校で問題の出し方は少しずつは違っていても、欲しい
       お子様は一緒です。いろいろな学校の内容をやることをお薦めします。
       教室では、いろいろな体験をさせていきます。それを毎日の生活の中で、お勉強と
       思わずに、お手伝いや遊びの中で取り入れてください。
      どうせやるならば、楽しい小学校受験をしましょう。
       偏った家庭学習はもうおしまいです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

ascend  リトルバード幼児教室

http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/09

筑波小学校受験のその後

 

 

一次通過者

男子    1037           女子   1052

                                             

2次合格者

            100                        100

                                              

3次合格者

             64                          64

 

 

2次考査の注意点

各グループにより異なる

ペーパテスト   B4サイズ   2枚「表裏の時もある」

録音テープ

多色のクーピーペン、鉛筆「各グループにより異なる」

 

お話の記憶「長文」

➊設問数は約5

図形「推理、思考」

➊問題数が多い        設問数は15~20

➋時間内のスピードを要する           

 

制作、巧緻性

10分程度

ちぎる、結ぶ、塗る、貼る、通すなど

生活の中で毎日出来るような環境を作る

 

運動

クマ歩きが基本

他の動作と連続するときもある

「マット運動、鉄棒など」

競争させたり、時間を計る」

約束の尊守、意欲、待つ態度が大切

 

行動観察

集団行動   じゃんけんゲームなど

 

口頭試問       この字型に並び13

                      隣が同じにならないように

                      聞かれる

 

保護者アンケート「作文」

各グループごとに2題、 いずれかを選択

B5横向き 7

所要時間  15

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

PAGETOP

  • 03-3237-7025(受付時間:10時〜19時)
  • メールでのお問い合わせ