ホーム > ブログ >

2017/08/15

夏休みの最後の2週間の過ごし方

 

夏休みもあっという間に過ぎていて、焦っているご家庭も

あると思います。

教室も昨年の各学校ので他分野に合わせて、今年も少しずつ

内容を新しく変えています。

その忙しさで、なかなかブログがあげられませんでした。

 

さて、がむしゃらにやっていますか?

プリントだけでなく、その他の生活巧緻、制作巧緻、行動観察、

言語、発表、運動、指示行動など第一志望校、第2志望校など

研究する時期に入りました。

 

復習をするにあたり、お子さまとの接し方に注意してほしいことを

お伝えします。

 

今の時期は、以前お伝えしましたように、お教室で、又はご自宅で

ほめられたり、叱られたりする経験を多く積むことにより、

以前に比べ少しずつ理解してきます。体の大きさに関係なく、

先生の注意をまだまだ聞けない幼いお子さまもいるとは

思いますが、何かのきっかけで変わってくる時期に入ります。

最終的には、この意識の出てこないお子さまはモチベーションが

上がらず、良い結果に結びつきません。

 

ご両親の言葉がけにより、お子さまは、子供なりに反発したり、

認められたいと感じたりと毎日目まぐるしく成長しています。

叱られたことを子どもなりにしっかりと受け止めているかを

見届けることが大切です。

だからと言って、わかっていないからと追い詰めたり、

急に突き放したりは禁物です。

言い聞かせてもやらない場合はその日はやらなくても良いのです。

その代わり、「おやつはなし」くらいの厳しさがあっても良いでしょう。

「今のあなたのお仕事は小学校に入るためのお勉強だ」と言うことを

わからせましょう。

この時期に甘やかす必要はありません。

疲れたら休む、やる時はやらせるなどメリハリのある夏休みの最後を

送ってください。

でも、プリントだけの夏休みに終わらせないようにしましょう。

 

お子さまとのきちんと向き合い、ご両親の適切な言葉がけにより

自分で今何をするべきなのか、自分で考え、自分をコントロール

できるような自立への成長を見守りたいと思います。

 

教室では自分のカバンは自分で持ちましょう。これからまず徹底して

守らせてください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/06/23

志望校選びのポイント

そろそろ年長さんのご家庭は学校説明会に積極的に参加していることと思います。

年中さんのご家庭は、来年に向けて、説明会が重なって行けないことも

ありますので、できるだけ参加して見てください。その中で、今まで

知らなかったことも多く出てくると思います。

今年本番の年長さんは、何回学校の行事等に参加したか、聞かれるところも

あります。

面接の話題にも出て来ますので、色々な場面で学校の様子を

見ておいてください。

 

まず、説明会で確認すること

 

① 先生を通しての学校全体の雰囲気をみる

② 学校の中の高学年の様子

③ 小学校までか、高校までか、大学までの学校か

④ 学校の設備

⑤ セキュリティ

⑥ 学費

⑦ 通学時間と経路

⑧ 給食かお弁当か

などですが、その他に質問がありましたら、積極的に聞いて見ましょう。

その時の話題をお話しできるかもしれません。

 

校長先生の説明会等のお話を聞いて、最終的に6年間学校に

お預けしてどのような子どもに育つかご両親がイメージできるかどうかが

決め手だと思います。

6年後の子どものイメージが、ご家庭の教育方針、また、ご家庭の目指す

子どもの将来像と合致する学校を選ぶことが大切です。

 

考えている学校はもちろん、新しく考えた学校も是非、実際に何度か足を運び、

学校の掲げている教育方針が、本当にどんなところに反映されているかを

さがしてみてください。

 

それでも、それぞれの学校の良さとそれぞれのお子さま、またはご家庭の

求めている考え方と合う、合わないがあります。

それを見極めて、学校のブランドだけではなく、その子の将来を考えて

志望校を選んで欲しいと思います。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/06/19

読み聞かせのためのおすすめ絵本

小学校受験の分野の1つとして本の読み聞かせがあります。

 

立教小学校をはじめ、お話の記憶のように、読み聞かせをした後、
お話の内容を聞いたり、どこが面白かったのかを聞いたり、
聞いた後に、口頭試問をします。
また、聞いているときの態度や集中力もみられます。

 

先生との会話の中で、子供がどのくらい自分の言葉で表現できるかに
かかります。教室では訓練だけの会話ではなく、しっかりと集中する力、
質問に対する表現力をつけさせたいと思います。

 

新しいお話をご紹介します。
時間がありましたら、ぜひ読んでみてください。

 

① おたからパン
真珠 まりこ 作.画   ひさかたチャイルド

 

② せなかのともだち
萩原 弓佳 作・ 洞野 志保   PHP研究所

 

③みみずくのナイトとプードルのディ
ロジャー、デュボアザン 作 ・ 安藤 紀子 やく
ロクリン社

 

⓸ツトムとでんしゃのカミサマ
にしかわ おさむ ぶん・え   こぐま社

 

⓹たらふくまんま
馬場 のぼる さく・え   小峰書店

 

⑥にわとり城
松野 正子 作 ・ 大社 玲子 絵   こぐま社

 

⑦コヨーテ太陽をぬすむ〜アメリカインディアンのおはなし
高野 由里子 翻訳 ・ 古沢 たつお 絵   風濤社

 

⑧あひるの手紙
朽木 祥 作 ・ ささめや ゆき 絵   俊成出版社

 

⑨みっつのねがいごと
マーゴット・ツェマック 文・ 絵 小風 さち ・訳
岩波書店

 

⑩ソーニャのめんどり
フィビー、ウォール 作 、なかがわ ちひろ 訳
くもん出版

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/05/25

小学校受験で合格する子どもとは

①合格する子に共通するもの

 

一つは生活習慣がしっかりしています。

食事の時の様子は生活習慣の基礎が詰まっています。

食べ物を残すことはもったいないことであること、「いただきます」

の意味も教えて、世界には食べたくても食べ物がないという子供たちが

いることをきちんと教えていきます。

ご家庭で食べる前や後の挨拶や、お箸の持ち方、食べている時は

席を立たないなどのしつけをしているつもりのお子さんも

お友達と一緒だとできないお子さんもいます。

習慣になるよう続けていく必要があります。

 

二つめは意欲のある子です。

わかったときの楽しさ、やり遂げたときの満足感を味わったことの

あるお子さんはやる気を出します。好奇心にあふれた目を持ち、

取りかかりに差が出てきます。よく言う、やる気スイッチが入ります。

キラキラと目が輝いてくるのです。

 

本来、幼児期のお子さんは自分から外に向かい刺激を求めます。

動き回り、触ったり、口に入れ、投げたりしていきます。

それを抑止するとおとなしいけれど、無気力になります。

手がかかって当たり前の時に、うちの子は楽に育ちましたという

お子さんに限って、後から、キレやすくなったり、自分の意見が

言えないお子さんになったりすることが多いのです。

 

お子さんが興味を持って聞いた時がチャンスです。

一緒になって考え答えを出してあげると、また聞きたくなります。

そして、わかったときの楽しさを実感して、ますます知的好奇心を

膨らませて、周りのものを注意深く見るお子さんに育っていきます。

 

三つめは集中力のあるお子さんです。

人の話をよく聞き、じっくりと集中して目の前のことに取り掛かれる

お子さんが合格しています。

毎日の生活で、指示の多いご家庭では、じっくりと一つのことに

集中して取り組むことができません。

全て時間で縛らずに、時には、見守り、必要な時だけしか口出しを

しないご両親が集中力のあるお子さんを作っていきます。

いつもは余裕がないこともあるでしょう。しつけとして、しっかり

習慣化させなければいけないときと、じっくりと取り組める自由な

時間を作っていきましょう。

ただし、いつもお母さまが先に、「こうすれば、できるのよ」と

教え込まないようにしてください。

「あせらず待つこと」

「見守ること」

この2つが幼児期の子育ての大きなポイントです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/04/24

早稲田実業学校初等部入試情報 ➌

 

➊、➋に続き、運動、早実の行動観察、や面接で気をつけたいことを
まとめてみました。

 

運動に関しては、これができなければならないような運動能力を
求めているわけではないように思います。
もちろん、基本的な運動能力や元気に学校に一人で通えることは
必要です。

 

【運動】

 

(1916年) 10人グループで行う
手でグーチョキパー、足でグーチョキパー
先生の後に続いて行う。
走る、飛行機、片足バランス、ケンケンなど
(先生の後についていくのでふざけるお友達もいます。
楽しくてもつられずけじめをつけられることが大切)

 

⬇︎

 

【行動観察】
運動の試験のグループを2つに分ける (4~5人)

 

自由遊び
ブロック遊び
積み木積み遊び
風船運び
自分たちで自由に遊びを考える など

 

※ いずれの課題でも1回やってみた後に、みんなでどこが悪かったか
話し合って、どうしたら良いか解決の相談をして、皆で2回目を
やってみるようです。

提案したり、同意したり、積極的にお友達と関われることが必要です。

 

「二次試験」

 

・ 月齢の高い順に番号が付いている

・校長先生、理事長先生を含む4人の先生と子ども、両親とで行う
・大体、質問の比重は子どもが8割、両親2割くらい
・共学、男子が多い、年配の先生ということもあり質問の様子が高圧的、
圧迫面接と言われることもある。

 

例)
どんな遊びが好きなの?
サッカーです。
なんだ、野球じゃないんだ。と言われ、驚き、次に続かない生徒も
いたようです。

 

「めげずに、あらゆることに対応できる強いメンタリティーが必要です。」
「一つの質問から、どんどんお話が発展していくため、自分の言葉で
大人と対等に話ができるように日頃からお子さまと話をする機会を
作りましょう」

 

父親に
早稲田実業を理解して、「早稲田」への強い愛校心を伝えること
母親に
子育てに関することが多い

 

「早稲田実業初等科受験にあたり」

 

・遊びをさせながら日頃の習慣性を見られます

 

楽しく遊んだ後での片付けが、言われなくてもできる習慣、
食事の際のマナーやテーブルセッティング、お箸の持ち方も
注意していきましょう。
友達との遊びではすべてなんでもできるお子さまが良いのでは
ありません。
子供らしく友達と楽しく参加できるか、小学校の集団生活の中で
上手に適応できるかを見られているのです。

 

・絵の上手なお子さまを見つけるわけではありません。

 

手先の器用さだけではなく、自分で考えて工夫しているか、また、
先生の指示に従って作業できるかなのです。
特に早実では、制作そのものだけではなく、描かれた独創性、又は、
それを自分の音葉で伝えられることができるかどうかです。
わざとらしく、大人の口調で会話させるのではなく、あくまで
子供らしさを忘れないようにしてください。

 

・制作巧緻、生活巧緻では生活力を問われています。

 

手先の器用さ・技術、努力して工夫する様子、道具の使い方(正しい
持ち方、切り方等)が大切ですが、脱いだり、着たり、たたんだり
自分のことは自分でできるだけできるようにしていきましょう。
それがひいては、早実への合格に続くのです。

 

さぁ、これからどのように日頃からお子さまと接していけば良いかお分かりに
なりましたか?

 

さらに大切なのは、言われたことに対する会話のキャッチボール、
すなわち親子の対話です。ペーパーだけに追われるのでなく
どんどん会話をしてください。

 

ただし、注意することは子ども同士の会話の中では、ご両親の日頃の口調が
出てきます。
ご両親が日常のしつけでお手本となれるように、叱るときの言葉も意識して
生活してください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇制作巧緻

PAGETOP

  • 03-3237-7025(受付時間:10時〜19時)
  • メールでのお問い合わせ