ホーム > ブログ > 子どもの運動能力向上が知育能力の発達につながる

2017/02/07

子どもの運動能力向上が知育能力の発達につながる

 

①指示を聞く力を向上させることが、運動も学習にも役に立ちます。

 

見る力だけでなく、話を聞く力を育てていかないと、その後に伸びていきません。

話をきちんと聞いて、身体を動かしながら、理解力を深めることで、運動と学習の両方に

相乗効果が出てきます。

 

②一つずつの動きを細分化して、身体の体幹を鍛え、バランスを鍛えていきます。

 

➂自分の身体を自分で自由に動かすことができるようにすることが大切です

 

苦手な運動の分野をなくし、自信をつけることが、子どもの性格を変えていきます。

何事にも引っ込み思案だった子どもが、苦手分野を克服することで、大きな声で

自己表現できるようになり、友達と積極的に遊べる明るい子どもに変化することが良くあります。

青年期になると、いろいろな分野に、得て不得手に差が出てきますが、幼少時代にこそ、

自分に自信を持てることが、その後のやる気や、意欲につながり、知育の発達に

つながっていくのです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ascendリトルバード幼児教室
http://www.shougakkou-juken.com/
住所:千代田区飯田橋3-3-11 ばんらいビル2階
TEL:03-3237-7025、
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

PAGETOP

  • 03-3237-7025(受付時間:10時〜19時)
  • メールでのお問い合わせ